バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > MACDを見ながら順張りを!バイナリーオプションとMACDが相性がいい理由

バイナリーオプションでの順張りにMACDを使うのがいい理由

MACD(マックディー)は非常に有名なテクニカル分析なので、FX取引を始めたばかりの方でもご存じの方は多いのではないでしょうか。短期の移動平均線(短期EMA)と長期の移動平均線(長期EMA)、2つの平均線を組み合わせることで売買のタイミングを探るテクニカル指標で、オシレーター系と分類される事が多いですが、移動平均線を使うという点で、トレンド系とされることもあります。

・MACDとは一体どんなもの?
バイナリーオプションなどの分析で利用するチャートにはいろいろなものがあり、それぞれに特徴があります。順張りで投資したいときに有効なものや、逆張りで力を発揮するものなど様々なのです。逆張りのときに有効なのがRSIやボリンジャーバンドなわけですが、一般的な取引手法である順張りのときに力を発揮する指標をここで紹介します。

それは、オシレーター系チャートとして有名なMACD(マックディ)です。これは一体どんなものなのでしょう。

MACDはMoving Average Convergence/Divergence Trading Methodの略です。移動平均・収束拡散トレード法と日本語では呼ばれます。これは移動平均を発展させ、より精度の高い分析をするために1979年、ジェラルド・アペル氏が開発したテクニカル分析です。

このMACDに用いられる移動平均は「単純移動平均(SMA)」ではなく、「指数平滑移動平均(EMA)]で、以下の計算式で算出されています。

●短期EMA-長期EMA
通常の日足分析では短期EMA期間が9、長期EMA期間を26とするのが一般的です。移動平均であるシグナルとともに2本の線で分析することが多く、シグナルの平均期間が9となっています。

ちなみに、MACDとシグナルの位置関係を視覚的にわかりやすくしたMACD2と呼ばれるものも今は登場しています。

・トレンドは相場と共に動く2本の線の位置と交わりで読む!
もう少し具体的にMACDを説明します。これはつまり、短期の移動平均線と長期の移動平均線の離れ具合を表す指標と理解してください。

MACDは一般的に2本の折れ線で表示されます。チャート画面では横軸が時間、縦軸は上半分がプラス、下半分がマイナスのゾーンとなります。2本の折れ線のうち、例えば緑の線がMACDライン、青い線がシグナルとします。2本の線は並んで動いているように見えますが、緑のラインが先行し青いラインがそのうしろを追いかけている状態になっています。つまり、MACDをシグナルが追いかけているわけです。

これはRSI同様に、2本の線がプラスゾーンの上の方で動いていれば買われ過ぎ、マイナスゾーンの下で動いていれば売られ過ぎのサインになっています。

このシグナルとMACDのラインがどうクロスするかでゴールデンクロスやデッドクロスと判断され、トレンドの転換がわかってくるのです。これがMACDのチャートの利用方法です。

MACDで順張りするためにゴールデンクロスとデッドクロスを見逃さないようにしよう

・そのポイントはゴールデンクロスとデッドクロス
MACDがシグナルを突き抜けるときが重要なポイントになるのですが、それがゴールデンクロスなのか、デッドクロスなのかが大切です。

まず、ゴールデンクロスはマイナスゾーンにおいて、シグナルがMACDを下から上に抜ける動きです。逆にデッドクロスはプラスゾーンでシグナルがMACDを上から下に抜ける場合です。これらは共に相場の転換時期を表しています。

通常使われる移動平均の発展型とも言える分析方法で、短期の移動平均線と長期の移動平均線から生じる乖離を利用します。詳しい仕組みは省略するとして、基本的にはMACDラインとシグナルライン、2つのラインの動きを使うのです。

MACDラインがグラフの0より下の状態でシグナルラインを上抜けた時はゴールデンクロス、MACDラインがグラフの0より上の状態でシグナルラインを下抜けた時はデッドクロスと呼ばれ、ゴールデンクロスは「買い」、デッドクロスは「売り」のサインとして絶好機と見られています。

これらゴールデンクロスとデッドクロスが出現したときは新しいトレンドの始まりと判断できます。ですから、その流れに沿って順張りで参入すれば勝利の確率が高くなるというわけです。

判断を間違わないようにMACDは順張りで勝負するのに必要

・順張りに使えるMACD
MACDのゴールデンクロスとデッドクロスは順張りのサインとして頻繁に使われています。通常のFX取引ではもちろん、バイナリーオプション取引時にもそのまま順張りのサインとして使うと勝率アップに貢献してくれるでしょう。ゴールデンクロスやデッドクロスなど非常に分かりやすい形ではっきりとサインを発してくれるので、分析手法として簡単に取り入れることができ、使いやすいのが魅力なのはわかりましたよね。

・ただし、「だまし」に気をつけなければならない
ただし、デメリットが無いわけではありません。MACDには「だまし」といって、サインに従って取引した場合に、思ったような動きをしてくれない事がよくあります。

もっと言えばMACDに限らず、相場分析のテクニカル指標はいろいろとあるわけですが、どれにも「だまし」が存在します。サインが出ているのに、そのセオリー通りには相場が動かないといったものです。MACDにおいても、ゴールデンクロスやデッドクロスのサインが出ているにもかかわらず、必ずしも相場がそのサイン通りに動くとは限らないのです。

この「だまし」はしっかり見極めないといけません。「だまし」は他のテクニカルにも見られることなのですが、MACDでは特に多く見られます。そのため、MACDを使った分析をする際には、MACD単独ではなく、他のテクニカル分析と組み合わせて使ったほうがよい場合が多いようです。

テクニカル指標を単体で使うことは金融取引の常識の中にはまずありません。

MACDも同じで、一般的にはRSIやほかのテクニカル指標と一緒に利用してください。一緒に使うことによって、それぞれがフィルターの役目を果たしながら、補完し合うので、「だまし」に遭うことを防げるようになります。ほかのテクニカル指標も同時に動かせば、それぞれのポイントを見比べることができ、「だまし」防止だけでなく、より分析の精度が上がります。

バイナリーオプション戦略の関連記事
取引戦略を学ぼう
高確率を少額でコツコツ利益
中確率で中リターン狙いの戦略
低確率で高リターン狙いの取引
両建て取引で2重の利益を狙える
分散投資で安定運用を目的にする戦略
取引終了時間直前に順張り(ラストミニッツ)
取引終了直前に逆張り(逆ラストミニッツ)
売り戦略で相場が予想通りの方向へ動いたらすぐに精算する?
NYダウの動きを見ながらドル円で勝負
スキャルピング手法を活用して攻略する
経済指標発表時のトレード
為替介入でのサプライズをチャンスにする
ボリンジャーバンドを見ながら逆張り
MACDを見ながら順張りで攻略!バイナリーオプションとMACDが相性がいい理由
RSIで逆張りを狙え!
エンベロープはローソク足を組み合わせて使う、逆張り向きのテクニカルだ
ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を組み合わせる
政策金利が変更されると中長期的な相場見通しが変わる
月足・週足を使って長期的なトレンドを予測
マーチンゲール法は使えるか?
世界的に影響力の強い人の発言に注目
トレンドラインを実際にチャート上に引いてみよう
○×印で取引の備忘録を付けてみよう
アメリカの雇用統計後の為替変動で利益を獲る
ブレイクアウトが最も堅実な売買シグナル!?

◆バイナリーオプション業者 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券
GMOクリック証券
取引条件全ての面でトップレベルのGMOクリック証券・外為オプション。メイン口座として持っておきたい!
FXトレード・フィナンシャル
FXトレード・フィナンシャル
1000円未満から始められて最短2分で利益発生!ペイアウト倍率は約2倍で収益性も高い!
みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
目標レートと払戻金を確認して選択するだけ!!10分程度待てば購入金額の最大約20倍の利益が貰えるかも。

最新人気ランキング