バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座

バイナリーオプションならFX以上の短期高利回りを実現できる!

近年では、FXや株式取引で副収入を得ている社会人の方が少なくありません。アルバイトより手軽で時間を効率的に使えるオンライントレードは、多忙な現代人にマッチした理想的な副業と言えるでしょう。

利益額をもっと増やしたいとお考えなら、断然バイナリーオプションがお勧めです。FXや株式取引は長期戦なので、まとまった利益を得るためにはある程度時間がかかってしまいます。その点、バイナリーオプションなら短時間で高配当を狙うことが出来ます。取引ルールも非常に簡単。オンライントレード初心者でもゲーム感覚で挑戦できるメリットもあります。

バイナリーオプションを基礎から学びたい方のために、バイナリーオプションの特徴やメリット・デメリット等についてご紹介しましょう!

1. バイナリーオプションとは一体何?

バイナリーオプション(binary option)は、二者択一の予想に挑戦して利益を狙う投資です。トレーダーは判定時刻におけるレートが現在値から「上がっている」か「下がっている」かを予測し、チケットを購入。見事的中すれば、所定のペイアウト(払い戻し)率に応じた配当が支払われます。

ちなみにbinaryとは二進法のこと。0と1であらゆる情報を表現するように、「上」か「下」かを予想するだけのシンプルなルールになっているのが特徴的です。

具体的な例を挙げれば、ドル円が今日の終値で80円よりプラスになるかマイナスになるかを予想し予想が当たればお金が貰え、外れれば掛金が没収されてしまうような取引です。言ってみれば丁か半かの二者択一のカケのような感じです。

ドル円やユーロドルなどの外貨を取引するのが一般的ですが、株式指数や金・オイルなどの先物を取引できるところもあります。

バイナリーオプション取引ではプラスかマイナスかの二分の一の確立で勝ち負けが決まります。もちろん証券会社に若干の手数料分が差し引かれてしまうため、厳密に言えば完全なフィフティ・フィフティの取引ではありませんが、取られるのは勝ち分の数%ほどです。

FXの場合、利益確定や損切りのタイミングをすべて自分で判断しなければならず、ある程度の相場観を身につけなければいつまで経っても収支が伸びません。その点、バイナリーオプションなら締切時間が前もって決められており、あれこれ迷わずに済みます。初心者でも参入しやすい環境は大きなメリットです。

2. バイナリーオプションのここが凄い。リスクが限定されているのに数倍の利益が見込める

バイナリーオプションの一つ目のメリットは、シンプルなトレードルールです。判定時刻におけるレートが現在値より「上」か「下」かを予想するだけで、読みが当たれば多額の配当を得ることが出来ます。

基本的に取引が短期決済で数分から数時間で取引が終了する点、取引開始時点で損失と利益の幅が決定されるため相場の暴騰暴落にも安心して取引出来る点、勝つか負けるか二択のうえに、リスクを限定しながら数倍の利益が見込める取引なので、少額の取引でも利益を出すチャンスが多い点など様々考えられます。

コイントスのような単純なシステムゆえに、金融の知識の乏しい初心者でも気軽に参加できる強みがあります。

二つ目のメリットは、少額資金で取引できることです。FXや株式取引の場合、最低でも数十万円〜数百万円レベルの資金がなければまともに投資することも出来ません。しかし、バイナリーオプションなら1回あたりの投資額が最少数百円程度。お小遣い程度の予算でオンライントレードに参加することが可能です。

三つ目のメリットは、取引時間の短さです。バイナリーオプションは、チケット提供開始から判定時刻到達までおよそ2時間前後の周期で構成されています。一度ポジションを保有したら数週間〜数か月以上待つことも珍しくないFXや株式取引と違って、一日に何度も取引に参加することが出来ます。しかもその度に150〜200%近くのペイアウトを見込めるため、利回りも非常に魅力的です。

・逆に注意すべきポイントってある?
気を付けなければならないのは、予想が外れた時です。バイナリーオプションでは予想が外れた場合、トレーダーの投資額がすべて没収される決まりになっています。予想が当たった際のペイアウト率は200%に満たないので、1回あたりの勝率が50%の試行を繰り返すにつれて自己資産はどんどん目減りしていく計算になります。

ルールが簡単だからといってギャンブル感覚で取引を行うのは非常に危険です。運や勘頼みではなく、市場をテクニカル的に分析して少しでも勝率を高めるための工夫を講じることが大切です。

3. 為替市場の基本のキ

為替市場とは、その名の如く外国為替取引(日本円、米ドル、ユーロなどの通貨交換)が行われる場のことです。為替取引には主に「インターバンク取引」(金融機関同士が行う取引)と「対顧客取引」(個人や企業が金融機関と行う取引)の2種類があり、貿易・海外旅行費用・対外証券投資・対外貸付など様々な経済活動を担っています。

為替市場といっても固有の建物が存在するわけではなく、電話やインターネットなどのバーチャルな空間で展開される取引全体を表しています。そして各国の為替市場のオープン時間は他国の為替市場と重複するように設定されており、世界レベルで見ると24時間絶え間なく連続しています。そのため、証券会社の株式取引と違ってトレーダーは24時間いつでも好きな時に外国為替取引に参加することが可能です。

4. 世界の為替市場を学ぼう

オセアニア市場
世界の為替市場の中で、一日のうち最も早くオープンするのが南太平洋エリアのオセアニア市場です。ニュージーランドのウェリントン市場が午前5時頃にオープンし、その約2時間後にオーストラリアのシドニー市場がオープンします。

市場参加者が少ないため、流動性に乏しいのがオセアニア時間の特徴です。先週末の終値から大きくかけ離れたレートでスタートすることを「窓を開ける」と言い、月曜朝の為替相場でしばしば見られる現象として知られています。

ちなみに窓を開けて相場がスタートすると、その後為替レートは先週末の終値に向かって進みやすい(窓を閉める)傾向があり、あえて窓を狙ってトレードするテクニックもあります。ただし、窓が必ず閉まるという保証はありません。そのまま先週末の終値と反対方向に相場が動き続ける可能性もあるので過信は禁物です。

アジア市場
オセアニア市場の次にオープンするのがアジア市場です。午前9時頃に日本の東京市場がオープンし、その約1時間後に中国の香港市場とシンガポール市場がオープン。さらに15時頃に中東のバーレーン市場もオープンします。

アジア時間は比較的値動きが穏やかですが、経済指標イベントがある時には凄まじい勢いで相場が動くことも珍しくありません。特に最近では中国の景気の動向に世界中の投資家の関心が集まっており、悪い数値が出ると急激に円高に進む可能性があります。

ヨーロッパ市場
17時頃からは欧州市場がスタートします。ドイツのフランクフルト市場、スイスのチューリッヒ市場、フランスのパリ市場がオープン。そしてヨーロッパ市場でダントツの取引量を誇るイギリスのロンドン市場がオープンします。

欧州時間にはユーロやポンドの値動きが激しくなりやすい特徴があります。特に最近では英国のEU離脱を契機とした欧州経済の先行き不透明感が問題視されており、政策金利発表などのイベントによって相場が激変する可能性があります。

ニューヨーク市場
23時頃からは、真打とも言うべきアメリカのニューヨーク市場がオープンします。この時間帯はロンドン市場とニューヨーク市場が同時にオープンしているので、一日の中で最も取引が活発化します。

特に、毎月第一金曜日の22:30(サマータイム適用時は21:30)に予定されている米雇用統計は要注意のイベント。発表された数値の如何によっては、わずか数秒間にドル円が1円以上動くこともあるほどの強烈な値動きが発生します。

短期取引には最適な時間帯ですが、一歩間違えば大損失になるリスクもはらんでいます。世界の投資家と無理に張り合おうなどと思わず、大きなトレンドに素直に便乗して行動した方が賢明です。

5. 各国の特徴・各国経済の特徴

イギリス
イギリスは先進国の中では突出した資源国です。イギリス北部の海域に北海油田を、ロンドン郊外にも巨大な油田を備え、GDPのおよそ10%を石油や天然ガスなどのエネルギー製品が占めています。

また、ロンドンは世界屈指の金融街であり、世界トップクラスの外国為替取引量を誇っています。かつて「大英帝国」と謳われた圧倒的な存在感は薄れ、世界の基軸通貨だったポンドも米ドルにその座を奪われてしまいましたが、欧州圏で優れた経済力を誇る国家であることに変わりはありません。

しかし、イギリス経済は今、大きな歴史的転換点を迎えようとしています。移民・難民問題をはじめとしたEUの経済圧迫を不満に思う国民から独立の声が上がり、2016年6月下旬に実施された国民投票で遂に英国のEU脱退が決定しました。EUの恩恵を失い、国内でもスコットランド独立問題で揺れる英国の政治・経済情勢は極めて先行き不透明。ポンド円も140円前後を低迷しており、今後の経済発展を危ぶむ声も少なくありません。

・南アフリカ
南アフリカ共和国は、アフリカ大陸の最南端に位置している国家です。アフリカと言えば砂漠の広がるワイルドなエリアと思われがちですが、南アフリカは優れた経済成長力を誇る近代国家であり、近い将来中国に匹敵するほどの労働市場に発展するのではないかとの声も上がっています。

鉱工業に長け、特に世界でも上位の産出量を持つ金が先進諸国との貿易品となっています。そして金融分野では、南アフリカランドが高金利通貨として投資家の関心を集めています。物価が高い分、政策金利も高く設定されており、南アフリカランドを保有しているだけで一日に100円以上ものスワップポイントを受け取ることのできる魅力があります。

ただし、南アフリカランドは原油安などのエネルギー価格の変動の影響を受けやすく、周辺諸国の政治・経済情勢が悪化すると急激に売られてしまう欠点もあります。値動きが不安定ゆえに投資が難しく、もし保有するならしっかり今後の動向を注視する必要があります。

・オーストラリア
オセアニア屈指の経済大国・オーストラリアは、鉄鉱石や天然ガスといった豊富な天然資源を有しています。近年では広大な土地を活かした農業・畜産業の発展が目覚ましく、牛肉や羊毛の生産・輸出量は世界でもトップクラスです。

アジア諸国との経済的結びつきが強く、中でも中国は最大の貿易相手国です。言い換えれば、オーストラリアは中国経済の影響を非常に強く受ける一面があり、チャイナショックが起きた際には豪ドルが大暴落しました。

しかし経済力にはしっかりとした底堅さがあり、投資資産としても十分な信頼性があります。景気を安定させるために利下げが進んでいますが、まだまだ高金利通貨である豪ドルはスワップポイント狙いのトレードにも重宝します。

・ドイツ
世界トップクラスの経常収支を誇るドイツは、今やEUを牽引するリーダー的存在の経済大国の地位を確立しています。とりわけ、EU相手国を中心とした貿易黒字が大きく、GDPのおよそ3割を輸出が占めています。

昔に比べてだいぶ緩和されたとはいえ、ユニークな労働規制を敷いているのも注目すべき点。個人の権利を守るために夜間や日・祝日の労働を禁止し、日中の勤労時間も厳しく制限することが、逆に時間を効率的に使った無駄の無い優れた労働生産性をもたらしています。

しかし、英国がEUを離脱することでドイツの経済的負担が今後ますます増大することが予想されており、ドイツ経済も決して安泰とは言えません。難民受け入れによる治安悪化や少子高齢化などの社会問題にどのように対応していくか、多くの課題を抱えています。

・ユーロ圏
EU(欧州連合)に加盟しているおよそ30の国々は、「ユーロ」と呼ばれる統合通貨を使用しています。ユーロ圏を一つの「国」に見立てると、その経済力は圧倒的。GDPは世界トップクラスであり、関税撤廃というメリットを活かした相互加盟国間での貿易がユーロ圏の経済の基盤になっています。

しかし、2008年のリーマンショックを切っ掛けに各国の経済成長率はマイナスに転落。回復に向かう中で、経済力の弱さを露呈したギリシャの財政危機問題がEUに重くのしかかりました。さらに移民・難民の受け入れやテロ対策など様々な経済的負担も浮上してきました。

高いGDPを誇る英国がEUから脱退したことで、ユーロ圏の経済情勢はさらに悪化する可能性があります。英国の離脱はEUの連帯感を強める契機となるか、それともEUの終わりの始まりとなるか、今後の動向には細心の注意を払う必要があるでしょう。

・アメリカ合衆国
アメリカは、世界経済の中心地と言っても過言ではない経済大国です。単一国家としてはGDP世界一。広大な土地を活かした農業、最先端の科学技術を導入した製造業、インターネットに代表される通信事業など、自由競争のもとに様々な分野で世界を牽引しています。

しかし、貿易収支は決してかんばしくありません。一時は黒字化した財政も現在は赤字続き。世界トップクラスの債務国家でもあり、国民の経済格差も年々拡大しています。

2015年末に実施されて以来、利上げも見送りが続いています。長らく続く円高トレンドに歯止めをかけるためには米国経済のさらなる成長が不可欠。定期的に発表される米雇用統計やFRBの声明などの経済指標イベントは要チェックです。

・カナダ
アメリカの北に位置するカナダは、世界第2位の国土面積を誇る国家です。非常に豊富な天然資源を有し、石油や天然ガスなどを輸出しています。北部では採掘業が盛んであり、ウランの産出量は世界一です。

国民の大半がービス業に従事。小売業、不動産、金融など様々な産業が都市部を中心に展開されています。隣国のアメリカとは経済面での結びつきが強く、最大の貿易相手国でもあります。

G8(主要国首脳会議)に参加するほどの経済大国でありながら、オンライントレードの分野ではいまいち目立たない印象を受けるカナダドル。値動きが乏しくスワップポイントが高いなどのメリットもないため、多くのトレーダーから軽視されている悲しい一面もあります。

・ニュージーランド
オセアニアのニュージーランドは、隣国のオーストラリアと同様、高金利通貨国として知られています。海外の投資家から資金を集めるために金利が高く設定されており、NZドルを保有しているだけで一日に50円以上ものスワップポイントを貰える魅力があります。

経済は農・畜産業、林業製品の輸出が主流。貿易面でもオーストラリアと同様、中国を最大の貿易相手国としており、中国の景気動向によって為替レートが大きく変動します。また、投機目的で取引しているトレーダーが多いため、値動きが激しいのも特徴的です。

ちなみにニュージーランドのウェリントン市場は、世界の為替市場の中で一番早くオープンするところ。市場参加者が少ない分、予期せぬ要因で相場が急変することもあるので、ニュージーランドの経済指標イベントも要警戒です。

・トルコ共和国
中東に位置するトルコの経済は、軽工業を中心とした輸出が盛ん。貿易収支は赤字が続いており、物価上昇率の高さが目立ちます。流通貨幣であるトルコリラは世界屈指の高金利通貨であり、保有しているだけで一日に100円以上ものスワップポイントを貰うことが出来ます。

周辺をイラン、イラク、シリア、ギリシャなどに囲まれています。日本との関係は友好的ですが、古来から周辺諸国との軍事的対立が続いており、つい最近も国内で軍部によるクーデターが起きたように政治情勢はあまり安定しているとは言い難いものがあります。

為替レートは長期的な下落傾向が続いています。値動きが非常に激しく、投資の際には細心の注意が必要な通貨の筆頭と言えるでしょう。

6. 判定方法を分かりやすく解説します

基本的にバイナリーオプションは判定時刻のレートが現在値より「上」か「下」かを予想するだけの取引ですが、最近では様々なオプションが導入され勝利条件も多様化しています。実際にバイナリーオプションを始める際には、何をもってトレーダーの勝利とするのか、結果の判定方法をしっかりチェックしておきましょう。

まず、最も一般的なバイナリーオプションである「High & Low」の場合、判定時刻のレートが購入時より「上がっている」か「下がっている」かを予想し、その読みが的中すれば配当が支払われます。途中の値動きは一切関係なく、締め切りを迎えた瞬間のレートで全てが決まります。業者によっては上下方向に「ラダー」と呼ばれる複数の段階を設け、現在値から遠いレートすなわち的中率の低いチケットほどペイアウト率を高く設定している場合もあります。

「タッチ」の場合、判定時刻になるまでにレートが指定された価格に到達するか否かを予想し、その読みが的中すれば配当が支払われます。判定時刻までに一度でも条件を満たせばトレーダーの勝ち。値動きの大きい相場ほど勝ちやすい特徴があります。

「レンジ」の場合、判定時刻のレートが指定された範囲内に収まるか否かを予想し、その読みが的中すれば配当が支払われます。値動きの範囲を予測しなければならないので難易度は高めですが、その分ペイアウト率が高めに設定されているのが魅力的です。

7. バイナリーオプション取引をする上で考えられるリスク

バイナリーオプションはFXや株式取引などの証拠金取引と比べれば、安全性の高い投資商品です。予想が外れた際に失うのは投資金額のみ。相場が急変した際に追証が発生することもなく、初心者でも容易にリスク管理を行うことが出来ます。

しかし、その手軽さこそがバイナリーオプションの最大のリスク。ゲーム感覚で参加していると、ついつい熱くなって一日に何度も挑戦したくなってしまうものです。たとえ1回あたりの損失額が少なくても、積み重なれば多額の負けです。しかも前回までの損失を取り戻そうと投資額を倍増するようになってしまったら、際限なく傷口が広がっていくことでしょう。

確かに、バイナリーオプションは運だけでも勝てる簡単な取引です。けれども、幸運は長くは続きません。運に頼っていてはいつまで経っても収支が伸びず、逆に自己資産が徐々に減っていくジリ貧状態に陥ります。本気で稼ぎたいのなら、理論的に勝ちを拾う「勝ちパターン」を確立させる必要があるのです。

8. リスクヘッジの方法を考えよう

バイナリーオプションの収支は運に頼っている限り向上しません。効率的に収支を伸ばすためには、損失を最小限にとどめて利益を安定させる作戦が不可欠です。

バイナリーオプションのリスクヘッジで重要なのは、現在の相場状況をよく考えて投資の方針を決めることです。円高に振れるのか円安に振れるのかよく分からないような膠着状態の最中、「上」あるいは「下」に一点張りするのは賢明な行動ではありません。今後為替レートが上昇・下落するであろう明確な根拠がある時のみ投資金額を上げ、それ以外の時は張りを最小限まで減らすか勝負そのものを見送るべきです。

また、最近では判定時刻になる前に権利を放棄して損失額をある程度軽減できるシステムを導入している業者も増えています。可能であれば、この類のサービスを有効活用してリスク管理を行いましょう。

9. 押さえておきたい専門用語

アウト・オブ・ザ・マネー
Out of The Money(OTM)は、オプション取引において買方が権利行使をした場合に損失が発生する状態を指します。バイナリーオプションにおいては、判定時刻のレートが現在値より上がる方に賭けたらレートが下がってしまったというような不利な状況を表しています。

イン・ザ・マネー
In The Money(ITM)はアウト・オブ・ザ・マネーの逆で、買方が権利行使をした場合に利益が発生する状態を指します。バイナリーオプションにおいては、判定時刻のレートが現在値より上がる方に賭けたら読み通りレートが上がったというような有利な状況を表しています。

オプションビルダー Option Builderは、最近バイナリーオプション業界で流行りつつある新しい取引ルールです。投資金額だけでなく、判定時間やペイアウト倍率まで自分でカスタマイズすることが出来ます。より自由度の高い取引を実践したい方にお勧めです。

権利放棄
判定時刻になる前に途中で清算すること。残り時間がわずかになり、もう勝ち目がないと判断した時に権利放棄すれば、全額没収される負け分を減額することが出来ます。(勝っている時に権利放棄すると通常よりも儲けが少なくなります。)

コール
判定時刻のレートが現在値より上がると予想すること。そのオプションを「コールオプション」と呼びます。High & Lowの場合、「High」と表示する場合もあります。

プット
判定時刻のレートが現在値より下がると予想すること。そのオプションを「プットオプション」と呼びます。High & Lowの場合、「Low」と表示する場合もあります。

ペイアウト率
予想が的中した際にトレーダーに支払われる配当の払い戻し率。たとえばペイアウト率が150%の時、1万円投資すれば1万5000円が支払われ5000円の利益となります。

バイナリーオプション入門講座の記事
バイナリーオプションの基礎
バイナリーオプションのメリットまとめ
判定方法は3種類
定額型と変動型の違い
取引戦略を学ぼう
両建て取引で2重の利益を狙える
おすすめの取引時間帯は朝や午前中!?
過去の相場データを分析して役立てよう
バイナリーオプションのリスクを知ろう
BO取引のリスクヘッジ方法
経済指標発表後の過去の変動幅を調べよう
将来の値動きを予想できるツールを使う
プロの意見を取り入れて予想の参考にする
システムトレードってできる?
稼いだお金だけで生計を立てれる?
自動売買をバイナリーオプションに応用できる!?
バイナリーオプションが完売ってどういうこと?
複数口座を持っている方が有利?
クローズポジションとは
Windows10の各社対応はどこまで進んでいる?
マイナンバー制度で会社・勤務先にバイナリーオプションの利益がバレるかもしれない?
マイナンバー制度開始により業者への提出義務が発生!!各社の対応や手続き方法は?
マイナンバー制度でバイナリーオプションの確定申告は大きく変わる?
マイナンバー制度でバイナリーオプションの収入は脱税が見つかりやすくなる!?
イギリスはEU離脱か残留か!?全世界が注目する英・国民投票。その結果がもたらす取引リスクに徹底して備えよ!!
バイナリーオプションの用語集
バイナリーオプション用語集で基礎から学ぶ

バイナリーオプションの専門的な用語をインプットして、その仕組みについて理解を深めましょう。

  ・オールオアナッシングオプション
  ・オプション取引
  ・権利行使価格
  ・コールオプション
  ・タッチ
  ・バイナリーオプション取引
  ・プットオプション
  ・プラス マイナス(HIGH LOW/ハイロー)
  ・ペイアウト倍率
  ・レンジ
  ・ATM(At The Money)
  ・ITM(In The Money)
  ・OTM(Out of The Money)

◆バイナリーオプション業者 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券
GMOクリック証券
取引条件全ての面でトップレベルのGMOクリック証券・外為オプション。メイン口座として持っておきたい!
FXトレード・フィナンシャル
FXトレード・フィナンシャル
1000円未満から始められて最短2分で利益発生!ペイアウト倍率は約2倍で収益性も高い!
みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
目標レートと払戻金を確認して選択するだけ!!10分程度待てば購入金額の最大約20倍の利益が貰えるかも。

最新人気ランキング