バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座 > 過去の経済指標発表後における変動幅を調べて予想的中率アップ!

経済指標発表後の過去の変動幅を調べよう

バイナリーオプション取引(以下BO取引)の戦略として、経済指標発表後のボラリティの高い時間帯を狙う方法があります。大きな経済指標発表後などは相場が一気に動くため、トレンドが掴みやすくなります。BO取引は基本的に上がるか下がるかの2択の取引ですので、トレンドの方向がわかりやすければ高い勝率で勝つことが可能となります。

途中精算が出来るFXトレード・フィナンシャルの「HIGH・LOW」やヒロセ通商の「LION BO」などで取引している人は、場合によっては決済するタイミングも判断しなければならないために、相場が大きく動く時は常に欠かさず把握しておきたいところですよね。

FXプライム byGMOやIG証券の提供するBO取引では現在のレートから離れた水準のチケットを買うハイリスクハイリターン戦略が可能です。それゆえ、相場に大きな変動を与える重要指標発表後は絶好のチャンスとなります。さらに、BO取引ではリスクが限定されているため、例え相場が予想と違う方向へ大きく変動してしまった場合でも、損失が限定的であることもポイントです。

相場に大きな変動を与える重要指標は主に米国指標、次に欧州指標、と言った感じです。その中でも特に抑えておきたいものを紹介しておきます。

・米国非農業部門雇用者数(雇用統計)
・米国FOMC政策金利
・米国失業率
・米国GDP(国内総生産)
・欧州ECB政策金利
・欧州消費者物価指数

影響力の高い重要指標発表時のチェックは不可欠

まだ他にも重要な指標は多くありますが、ここで挙げたものは時に対円で1円以上の騰落を見せるような、影響力の大きい指標です。指標とは別物ですが、米国FRB議長会見や欧州ECB総裁会見などの要人発言も時に相場を大きく動かすので注意する必要があります。

これら経済指標発表後の動きについては、GMOクリック証券などが提供しているニュース連動型チャートなどを利用して過去の変動の仕方や変動の幅をチェックしておきましょう。その際、昔のデータよりもできるだけ直近のデータの方が、参考にするには好ましいです。

FXプライム byGMOの提供している「選べる外為オプション」のように、経済指標発表時間と前回の変動幅を表示してくれるようなサービスもあるので積極的に活用してみましょう。

最新人気ランキング

入門ガイド