バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座 > アメリカ合衆国経済の分析が外為取引の基本中の基本です

世界の為替変動に通じていくアメリカの経済の動き。バイナリーオプションをするならアメリカ合衆国経済の分析が必要不可欠

3.1億人を超え、1国でユーロ圏に相当する人口を抱えているのがアメリカ合衆国です。規模、影響力から言ってもアメリカを抜きにして世界経済を分析することはまず不可能なほどです。米ドルは世界の通貨為替の基準となる基軸通貨であり、世界中が米ドルを集め、米ドルで投資をしています。ですので、アメリカ経済はバイナリーオプションの基本中の基本でありながら、すべてを分析するに当たって非常に重要な事柄になるのです。

アメリカ合衆国はとにかく世界でも大きな経済規模で、技術力や生産力、消費力のどれを取っても世界でトップクラスを誇っています。ご存知のように軍事力も世界一であり、すべてのボリュームが他を圧倒しているのです。

とはいえ、現在のアメリカ合衆国はサービス業に力を入れてきている状態にあります。他国の技術力が上がってきており、追い上げが激しくなっているからです。ただ、情報技術や医療関係、航空宇宙産業や軍需産業の分野ではアメリカ企業の右に出るものはほかにはないでしょう。

アメリカが今抱えている問題は老齢化人口の増加です。医療費、年金が急上昇していることです。

また、低所得者層の所得が上がらないなど日本以上の格差社会が起きています。
大きな国なので抱える問題の規模も大きいのですが、基軸通貨国であるので、その経済力は大きく、アメリカ国内の事件などがそのまま世界経済にまで影響するので、バイナリーオプションだけでなく、FXでも株でも、金融商品の取引を行うトレーダーは常にアメリカの動きには目を向けておくべきでしょう。

米ドルの値動きに大きな特徴はあるのか?

バイナリーオプションにおいて、米ドルの値動きは基本中の基本ではないでしょうか。特に米ドルと日本円のペアは特によく目にするものです。外為市場においては換金性に優れており、流動性も高いですから、米ドル日本円を始め、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドルなど、為替取引の実に80%以上が米ドルが関係したペアになっているほどです。

それほど基本中の基本ですので、取引をするしないに関係なく、常に米ドルの分析を続けるべきかと思います。世界経済全体の流れを掴んでおき、特に日本人には予測のしやすい米ドル/日本円のペアを把握しておくのです。

米ドル/日本円のペアはよほどのことがない限り、とんでもない値動きを見せることはありません。ですので、バイナリーオプションにも向いていますし、初心者でも投資に集中できるのではないでしょうか。

とはいえ、米ドルもときには大きな変動幅を見せることもあります。それは経済指標や政策金利、企業業績や軍事ニュースなどが大きく発表されるときです。主に下記の指標が発表されるとき、トレーダーが一斉に動き出し、大きな損益に繋がっていきます。これらの経済指標は数値によって短期的だけでなく長期的にも為替相場に影響を強く与えることもあります。

最近はユーロも米ドルの地位に近づきつつありますが、それでもこれら上記の経済指標は世界の為替取引にも影響を与えています。 米ドルの値動きの大きな特徴としては金価格と逆方向に動く傾向があるということを憶えておいてください。金(ゴールド)が米ドルで評価されているからで、金価格と米ドルの推移をチャートで比較するとまるで鏡のようになります。ですので、金価格が上昇すれば米ドルは下落し、金価格が下落すれば米ドルが上昇することになります。

それから、米国債と海外債券の金利差にも注目してください。アメリカの利回りが低下するか、アメリカ以外の利回りが上昇すれば、ポジションを手放し、海外資産を購入する投資家が増えます。そうなると、米ドル売りと海外通貨の買いが必要になるので、米ドルが下落することになります。

バイナリーオプションはシンプルな取引ではありますが、しっかりと分析を行うことをオススメします。

最新人気ランキング