バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座 > バイナリーオプションの取引時間は何時から何時まで?取引に適した時間とは

バイナリーオプションの取引時間は何時から何時まで?取引に適した時間とは

「バイナリーオプション取引を行おうと思ったのに、ちょうど取引できない時間だった…」
「せっかく時間を作ったのに、思ったようにチャートが動かなくてエントリーのタイミングを取りづらかった…」

といった経験は誰もがあるでしょう。

バイナリーオプションは取引時間が決まっていますし、トレーダーは市場が活発な時間帯をしっかりと見極めて参加しなくてはなりません。

そこで今回は、バイナリーオプションの取引時間、取引に適した時間など、バイナリーオプションと時間の関係性について紹介していきます。

この記事を読めば、いつトレードするのが最適なのかを知り、これからの取引に役立てられるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

バイナリーオプション業者によって取引時間が異なる!利用する業者をチェックしておこう!

バイナリーオプションの取引時間は業者によって若干異なります。

人気のバイナリーオプション業者の取引時間をまとめると次の表のとおりです。

業者 取引時間(日本時間)
GMOクリック証券 外為オプション 月~金の8:00~翌5:00
FXプライム byGMO・選べる外為オプション 月~金の8:00~翌4:00
ヒロセ通商・LIONBO 月~金の8:25~翌2:25
ゴールデンウェイ・ジャパン『バイトレ』 月~金の7:20~翌5:20
YJFX!オプトレ! 月~金の7:25~翌5:25
IG証券BO(ラダー・ワンタッチ) 月~金の2:00~翌1:00

業者によって、夏時間・冬時間で取引時間が変わることもあるので、こちらは公式サイトやメールでのアナウンスなどを確認するように気をつけましょう。

夏時間は冬時間よりも1時間早く取引が始まり、1時間早く閉じるケースが大半です。

クリスマスや年末年始は取引できない!取引時間も業者で異なるので注意して!

バイナリーオプション業者を問わず、基本的にクリスマスと年末年始はお休みになっているので、取引ができないと覚えておきましょう。

市場そのものがお休みになるため仕方がありません。

ただし営業時間の変更は各業者によって異なりますし、また毎年スケジュールが違うことがほとんど。

そのため、利用しているバイナリーオプション業者からスケジュールの連絡を受け取れるように準備しておくことが大事です。

これら2点を心がけておけば大丈夫でしょう。

例えば2019年~2020年の、GMOクリック証券の外為オプション取引のスケジュールだと…

2019/12/25:休業
2020/1/1:休業
その他:通常営業

となっていました。

市場が活発になる時間帯を知っておこう!

バイナリーオプションはチャートが大きく動くほうが取引をしやすい傾向にあります。

1日のチャートを見てみると、時間帯によって値動きが活発なときと、穏やかなときがあるのを見て取れるでしょう。

そのため、できれば市場が活発な時間帯に取引するのがベターと言えます。

私達トレーダーが知っておかなくてはならないのは、次の3つの市場です。

例えば日本市場がオープンすれば、日本円に関する銘柄の値動きが活発になり始めます。

ロンドン市場ならユーロ、ニューヨーク市場なら米ドル…といった具合ですね。

仮に日本円を通貨ペアの基軸に取引を行うトレーダーなら、日本市場がオープンしている時間帯が狙い時、ということになります。

各市場の取引時間を日本時間に置き換えると次のとおりです。

日本市場 8:00~15:00
ロンドン市場 15:00~21:00
ニューヨーク市場 20:00~6:00

市場ごとの取引時間が重なる部分…例えばロンドン市場とニューヨーク市場が重なる20:00あたりは、かなり相場が動きやすい傾向にあります。

バイナリーオプション取引する通貨ペアによりますが、メイン通貨と言われる日本円、ユーロ、米ドルと深く関係のあるこれら3つの市場のオープン時間にも注意を払ってみてください。

バイナリーオプションなら値動きの小さいときでも収益を出せる

バイナリーオプションの取引とFXとで違う点があります。

FXでは値動きに応じて利幅が変わってきますが、バイナリーオプションは、たとえ相場が大きく動こうが利益が大きくなるということはありません。

上か下かを予想して当たればよいだけなので、0.01銭でも動けばそれなりの利益が発生します。

ということは、バイナリーオプションでは相場があまり動かないほうが取引しやすくて稼ぎやすいということです。

相場の活発時はFXで、閑散時はバイナリーオプション、という戦略もあり

これまでFXを実践してきたトレーダーの方ならおわかりだと思いますが、FXでは取引が活発な夕方から夜深くにかけて、すなわち、欧州時間から米国時間にかけてが相場がよく動いて取引機会が多かったですよね。

相場の動きが激しいほど儲かるチャンスが豊富にありました。

しかしながら、値動きが大きくて上下動が激しいと、相場の方向性がコロコロ変わる可能性が高くなり、バイナリーオプションには向いていません。

むしろ、比較的閑散相場となりがちな朝方や東京時間の午前中が、値動きが小さくて取引チャンスがあると言えるのです。

値動きが小さい時間帯や時期を狙って取引するのがバイナリーオプションでの勝利の方程式と言えるでしょう。

まとめ

今回はバイナリーオプションの取引時間や、市場が活発になる時間などを紹介しました。

最後にもう一度ポイントをおさらいすると…

の3つが挙げられます。

「自分の空いた時間で取引ができるかな?」
「日中は仕事で取引できないから夜にやりたいんだけれど…」

といった方は、ぜひこの記事を参考にして、取引時間を確認した上で、トレードチャンスのある時間帯を見極めてくださいね。

最新人気ランキング