バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座 > バイナリーオプションで生計を立てられる?生活を送れるほど稼ぐにはどうすれば良い?

バイナリーオプションで稼いだお金で生計を立てれる?

ほとんどの人は仕事をしながら空いた時間でバイナリーオプション取引を行う…いわゆる「兼業トレーダー」です。

バイナリーオプションに興味のある人なら

「バイナリーオプションだけで生計を立てられるものなの?」
「生活できるくらい稼げたら良いのになぁ」

と1度や2度、考えたことはあるでしょう。

そこで今回はバイナリーオプションで生計を立てられるのか、生活費を稼ぐことができるのかに焦点を当てて話を進めていきます。

この記事を読めば、バイナリーオプションで生計を立てられるのは現実的なのか夢物語なのか、自身の場合はどうなのか、の判断材料となるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

結論はバイナリーオプションで生計を立てられる!しかしスタートラインは遠い

結論から言えば、バイナリーオプションだけで生活を送ることは可能です。

実際コンスタントに月100万円以上稼いでいるバイナリーオプショントレーダーはたくさんいます。

これだけ稼げれば、十分裕福な生活を送れますよね。

自分が毎月いくらくらい稼げば生活を送れるか、は人によって異なるでしょう。

一人暮らしの人もいれば、家族を養わなくてはならない人もいます。

もし毎月20万円+翌月の投資資金稼ごうと考えたら、1日10,000~15,000円が目標ですね。

バイナリーオプションは土日休みなので月20日くらいが取引の目安です。

それを踏まえた上で、次の3つの条件をクリアしなくてはなりません。

  1. 1度の取引額を大きくしないと厳しい
  2. 平日はチャートに張り付く必要がある
  3. 安定した生活を送れるかは技量次第

それぞれ詳しくみてみましょう。

生計を立てるほど稼ぎたいなら取引額を増やす必要がある

現在の国内バイナリーオプションは、ペイアウトが一律1,000円または10,000円で固定されています。

つまり生計を立てられるほど大きく稼ごうと思ったら、ある程度まとまったエントリーが必要になるわけです。

仮にGMOクリック証券外為オプションで考えてみましょう。

外為オプションは1日10回号開催されていて、取扱通貨ペアは5種類。

つまり1日フルに取引すれば、50回取引ができる計算です。

米ドル円のみで取引すると1日10回まで取引可能。

フルに1,000円のチケットを1回ずつ購入し、全て勝利することが出来たとしても5万円の利益にしかなりません。

勝率は良くて70%、利益をプラスに持っていくボーダーラインが55%前後となるため、実際にはもっとたくさんエントリーする必要があります。

バイナリーオプションの魅力は投資資金が少額でも始められる点にありますが、逆に「稼ぎたければ多く注文しなくてはならない」とも取れるでしょう。

最初から勝率が安定していれば越したことはありませんが、そう上手く行かないことも考えられます。

まずは兼業トレーダーとしてバイナリーオプション取引に慣れていき、安定して稼げるようになったら取引額を大きくしていく。

しっかり稼げるようなら専業トレーダーへと徐々に切り替えていく…という流れが理想形でしょう。

なお外為オプションは1日あたり10,000枚、1注文あたり200枚の取引上限が設けられているので注意してください。

「午前中にたくさん負けてしまったので、午後にたくさんエントリーしよう!」

と思っても、1注文200枚上限にひっかかる可能性があります。

平日はバイナリーオプションにつきっきりが基本になる

バイナリーオプションで生計を立てようと考えるなら、取引が行われている平日は常にチャートに張り付くのが基本となります。

バイナリーオプションに限らず、株やFXも同様ですが、相場は常に変化し続けているもの。

取引チャンスを見つけたら、いつでもすぐにエントリーできるよう準備しておかなくてはなりません。

株やFXとは異なり、バイナリーオプションは原則自動売買が認められていないため、常に裁量トレードになるのも理由の1つになります。

「トレーダーは時間に余裕がある」
「なんだか暇そう」

といった具合に、漠然としたイメージを持っている人も少なくありませんが、実際には結構忙しいものです。

しかしずっと会社にいなくてはならないサラリーマンと比べれば、時間的な自由度はずっと高いでしょう。

例えば

といったスタイルの人もたくさんいらっしゃいます。

また1回号の取引時間は最短2時間なので、エントリーさえ済ませれば、次回号まで時間が空いているとも言えるでしょう。

空いた時間をどう使うかは人それぞれですが、基本的に平日はバイナリーオプションを行う日だと心得ておく必要があります。

勝率の安定=生活の安定

勝率が安定すればそれだけ安定した生活を送れますが、なかなか上手くいかないことも。

バイナリーオプションは「当たるか外れるか」の2択なので、運だけでもトレード回数を重ねれば勝率50%に近づいていきます。

しかし5分5分の戦いを続けても、ペイアウト率によって少しずつ負けが膨らむため、実際には勝率55%…できれば60%以上を安定的に続けていかないと、生計を立てるのは難しいでしょう。

ではどうすれば勝率を安定させられるか。

それには相場分析・研究しかありません。

為替相場はルーレットやサイコロのように、完全に運任せではなく、投資家の思惑やマーケットニュースなどが複雑に絡み合って動いているため、これを分析できれば勝率を高められます。

そのためにもテクニカル分析を始めとした相場分析手法をマスターし、勝率100%は無理でも60%、70%と高めていく努力を怠ってはなりません。

バイナリーオプションで生計を立てられるようになると生活はどんな風に変化する?

専業トレーダーとなり、バイナリーオプションのみで生計を立てられるようになると、次の4つのような生活を手に入れられます。

  1. 土日は完全に休み:バイナリーオプション自体が休みなので
  2. 自分都合の休みを取れる:会社勤めとは異なり働く時間を選べる
  3. 住む場所を選べる:ネットさえ繋がっていればどこに住んでもOK
  4. 人間関係に悩まされない:乱暴な上司や使えない部下とはおさらば

どれも魅力的ですよね。

もちろん安定した収入が得られるかはトレーダーとしての技量次第なので、金銭面の不安は残ります。

しかし人間らしい、自由のある生活に近づけるのは間違いないでしょう。

専業トレーダーになるための3つの心得

バイナリーオプション専業トレーダーとして生計を立てていくためには、次の3つの心得を意識することが大事です。

  1. 感情に左右されない強い精神力を育てる
  2. 自分ルールを徹底する
  3. 必勝法は存在しないと肝に銘じる

それぞれ内容をみてみましょう。

トレーダーとしての強い精神力は必須要素

専業トレーダーは常に勝ち続けなければ生活が破綻してしまいます。

生活資金だけでなく投資資金も全てバイナリーオプションで稼がなくてはならないので、取引のプレッシャーは相当なものです。

このプレッシャーと戦い続ける覚悟ができていないなら、専業トレーダーを目指すべきではありません。

自分ルールを作り徹底すること

「さっきの負けを取り戻さないと!」と、ろくに相場分析も行わずにエントリーしてしまうのは、よくあるミス。

バイナリーオプションの勝率は相場分析である程度高められますが、それでも予想外に負けが込むこともあります。

そこで直感に従って取引をし始めると、ズルズル負け続け、結局廃業…というパターンは良くある話です。

そうならないためにも、まずは自分ルールをしっかりと築き上げ、それを守ることを意識しましょう。

スタイルによってルールは異なりますが、最低でも次の3つはハッキリと決めておくべきです。

  1. エントリーするタイミング(自信のあるエントリーポイントを決める)
  2. 1回の掛け金
  3. 経済指標発表時は手を出さない

特にエントリーするタイミング、エントリーポイントはしっかりと研究した上で、それを厳守することが重要です。

感情的になっておかしなエントリーを繰り返すことがないよう徹底しましょう。

必勝法などない!情報商材にだまされない

上手くいくときもあれば、何をやっても裏目に出るときもあります。

そんなときに、情報商材や取引ツール、有料配信…といった誘惑してくるものが目に飛び込んでくるものです。

もちろん中には有益なものもあるでしょう。

しかし九分九厘は詐欺商材です。

これらに手を出すくらいなら、1つでも多くの相場分析テクニックを勉強・研究するほうが有意義だと心得ましょう。

まとめ

今回はバイナリーオプションで生計を立てられるのか、生活を送るためにどんな条件をクリアしなくてはならないのか、などを紹介しました。

最後にもう一度おさらいすると

の3つが今回のポイントとなります。

「バイナリーオプションだけで生活できたら最高なのに」
「何に気をつけたら良いのかな?」

といった方は、ぜひこの記事を参考にして、バイナリーオプションの専業トレーダーを目指してくださいね。

最新人気ランキング