バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座 > ヨーロッパ市場は日本円以外の通貨ペアが活発に取引される。ロンドン市場は世界一の外為取引量を誇る

ヨーロッパ市場の特徴とは?アジアでの取引を損切りするロンドン市場

FXやバイナリーオプションの市場はまずオセアニア市場で始まり、次にアジア市場、そしてヨーロッパ市場へと徐々にオープン時間が移っていきます。ヨーロッパ市場は日本時間の15時にまずドイツのフランクフルト市場が始まり、スイスのチューリッヒ市場と英国のロンドン市場が17時に始まります。気をつけたいのは夏時間の設定があるので、夏場はマイナス1時間になります。

ヨーロッパ市場の中心はなんといってもロンドン市場です。世界3大金融市場のひとつであり、世界の外国為替取引の半分近くを占めているのがこの市場です。ですので、ヨーロッパ各国よりも時差があり、やや遅れて始まるロンドン市場ですが、いったんオープンしてしまえば、ヨーロッパ市場はイコールでロンドン市場ということになってしまいます。

日本円を含まない通貨ペアが活発に取引される

ロンドン市場の特徴のひとつにアジア市場とが違う動きをする点が挙げられます。そもそもこのヨーロッパ市場ではヨーロッパ圏の通貨が多く取引されることもあり、日本円を含まない通貨ペアが活発になります。日本人トレーダーだとちょっと取引しづらいイメージがついてしまうかもしれません。

さらに、日本時間の17時ごろに英国やヨーロッパの指標が発表されてくると、アジア市場から引き継がれてきたチャートの動きとはまったく関係ない状態で相場が動き始めます。しかも、アジア市場で保有されていたポジションをヨーロッパのトレーダーは損切りしようと仕掛けてくることもあるほどです。これは要注意です。

つまり、ロンドン市場が始まればアジア市場の相場は一気に違う値動きになり、荒れやすい時間帯となるのです。テクニカルサインなどとは逆の値動きをする「騙し」も起りやすく、そのくせヨーロッパのトレーダーらの取引がいったん落ち着くと取引量は一気に減っていきます。

ロンドン市場はアジアを中心に活動するトレーダーには要注意の市場です。

ヨーロッパ市場ではロンドンフィキシングにも注目すること

ヨーロッパ市場で特に注目しておきたいのは、日本時間の深夜1時に行われる金のスポット価格を決定する「ロンドンフィキシング」。金価格がこのときに決定され、世界の価格指標となるのですが、このときにドル建てで決められるので、ドルの需要にも影響を与えてきます。すると、為替市場も大きなインパクトを受け、値動きが変わってくるのです。

それから、イギリス企業は当然ながらポンドで決済を行うところが多いので、月末になると通貨の買い戻しも見られます。ですので、ロンドン市場は月末になると全体的に相場が荒れる傾向が出てくるという特徴もあります。期末や月末にポンドやユーロを保有している場合、リスクになることもあるので、注意しましょう。

最新人気ランキング