バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座 > 1日の終わりのニューヨーク市場はひと癖あって要注意!?

ダイナミックに動くニューヨーク市場には注意しよう

為替市場のうち、1日の最後を飾ることになるのがニューヨーク市場です。為替市場ではロンドンが最も大きく、ニューヨーク市場はどちらかというと株式市場の中心といった感じで、ロンドンよりはやや小さい規模になります。

ニューヨーク市場は日本時間の22時(夏時間は21時)にオープンし、ヨーロッパの中心であるロンドン市場とは半日ほど時間帯が重なっています。そして、ニューヨーク市場がクローズする前にオセアニア市場が始まります。

そんな事情もあり、ニューヨーク市場は日本時間の午前中の流動性はかなり高く、ロンドン市場が開いている深夜2時ごろまでかなり活発です。日本のFXトレーダーも日本時間2~3時ごろにその日の取引を終える人が多いのもそのためです。

米系の大型ファンドが活発に取引する

気をつけたいのはこの時間帯は米系ファンド筋が活発に動く時間でもあることです。ひと癖のあるトレーダーが揃っているので、相場がダイナミックに動くこともあります。

ロンドン市場が閉まるとニューヨーク市場も極端に流動性が低下します。オセアニア市場も流動性が低い代わりに、小さな動きが大きなインパクトを与えるのはニューヨーク市場も同じです。参加者が少ない時間帯は相場が大きく動きやすいときでもあります。特にニューヨーク市場のクローズに合わせて世界中のトレーダーがポジション調整を行いますから、特定の注文が集まってしまったり、ストップロス注文が出ることで相場が大きく動いてしまいます。

さらに、そういった瞬間を待って利益を上げようとするトレーダーもいるので、ニューヨーク市場はひと癖あるのです。

経済指標の発表が米ドルだけでなく世界の市場に影響を与える

ニューヨーク市場に限らず、FXやバイナリーオプションに多大な影響を与えるインパクトを持つ情報に出会うためには経済指標に要注意です。アメリカの経済指標は当然ながら米ドルに強く影響し、この発表によって米ドルのペアの値動きが大きく変化します。大きな国ですから、世界中のトレーダーも注目し、ご存知のように米ドルは基軸通貨なので米ドルとは関係のない通貨にも影響を与えるのです。

ですので、ニューヨーク市場の大きな特徴は経済指標の結果に注目した、素早い判断と蓄積された相場勘が重要な市場だということになります。毎月第1金曜日に発表されることが多い雇用統計の数字は特に米ドル/日本円に大きな影響をおよぼすので要注目。雇用統計が発表される時間は日本時間で22時半ごろ、夏時間だと21時半ごろになります。

要するに、バイナリーオプションを通貨ペアで行う場合はニューヨーク市場の動向や、アメリカの経済指標、雇用統計などの発表に注目し、素早く分析することは避けては通れない道です。そうなると、自ずとトレードをする時間帯も決まってきて、投資スタイルがどんなものになるのかがわかるかと思います。ニューヨーク市場は為替市場としてはロンドンよりは小さくとも、為替市場として金融業界から切り離せない注目の市場でもあるのです。

最新人気ランキング