バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座 > 流動性の低いオセアニア市場がバイナリーオプションに与えるインパクト

流動性の低いオセアニア市場は月曜朝は特に気をつけろ!

FXやバイナリーオプションなどの金融市場において、世界で一番最初にオープンするのがオセアニア市場です。ここでいうオセアニアはオーストラリアとニュージーランドになりますが、先に開くのはニュージーランドのウェリントン市場で、日本時間では朝の4時ごろになります。ニューヨーク市場が閉まるのが朝の5時ごろですので、ここの時間帯がかぶっていることからFXやバイナリーオプションは24時間取引ができるといわれているというわけです。

世界的に見ると、ウェリントン市場→オーストラリアのシドニー市場→東京→香港→シンガポール→スイス→ロンドン→ニューヨークの順に市場が開いていっています。ニューヨーク市場の終わりかけにニュージーランドが始まるので、ニューヨーク市場で取り引きをしていたトレーダーが残っていれば引き続きこちらでも取り引きを行いますが、基本的には流動性はあまり高くありません。

ですので、元々流動性が低い中では、市場が閉まっていた土日に大きなニュースや事件が起こると変動の幅が大きくなることもあります。ですので、オセアニア市場の特徴としては、流動性が低く安定しているものの、月曜の朝は要注意というところになるでしょう。

流動性が低いことが危険を招く

ニューヨーク市場も終わり間際にオセアニア市場が動き出すので、世界的に見てもこの市場で取り引きをするトレーダーはあまり多くありません。また、オーストラリアやニュージーランドの金融関係者はこの市場での取り引きは当たり前に行いますが、時間帯に加えて豪ドルやニュージーランド・ドルはマイナー通貨ですので、人気は高くありません。日本人トレーダーでバイナリーオプションにこれらの通貨を選択する人は多いようですが、それほど人気がないのです。

そういった市場の特徴があって流動性が低いわけですが、流動性が低いというのはつまり参加するトレーダーが少ないということになります。特徴としては土日に大きな事件などがあると市場が急激に動いてしまうのですが、参加者が少ない故、ちょっとしたトレーダーの動きが大きく市場にインパクトを与えてしまうことが原因です。

市場のオープン直後は注意した方がいい

流動性が低いということはそういった大きな値動きが突発的に起こるので、市場がオープンしたばかりの時間帯や月曜の朝はポジション保有が大きなリスクになることもあります。
ですので、不人気の市場だからこそ少ない情報をきっちり収集して、確かな分析力で値動きを予測。

そして、バイナリーオプションのローハイなどの判定ルールを見極めていかなければなりません。つまり、オセアニア市場の大きな特徴は、バイナリーオプション初心者には安定していて魅力があると見せかけつつ、大きなリスクも秘めているということになります。

最新人気ランキング