バイナリーオプション HOME > バイナリーオプション入門講座 > バイナリーオプションで得た利益にかかる税金・税率はいくら?

バイナリーオプションの税金に関する知識を深めよう

金融取引で利益が出た時に必要になってくる可能性があるのが税金の支払いです。バイナリーオプションも例外ではなく、株式投資やFXと同様に利益が発生した分に応じて税金を支払うことになります。

ではバイナリーオプションの税金体系は国税庁でどのように扱われているのでしょうか?

バイナリーオプションはFXと同じで税金の取り扱い区分は“雑所得”となります。バイナリーオプションで発生した利益とFXで出た利益は損益通算ができるようになっています。
例えば、バイナリーオプションで40万円の利益、FXで10万円の損失が出た場合では、損益通算することによって、雑所得は30万円となります。

また、この雑所得というものは、講演料や原稿料なども含まれます。ですから他の雑所得である講演料などの収入がある方はバイナリーオプションで得た利益など雑所得同士を通算して年間で20万円を超えた場合、税金を支払うために確定申告をしなくてはなりません。確定申告までの簡単な流れは下記のようになります。

 【1】 1年間に得た雑所得を計算します。
 【2】 雑所得の合計を出したら、所得を得るために費やした必要経費を総所得金額から引きます。
 【3】 会社からの給料など他に所得がある方は、それらの所得と合算して税金の額を計算します。

必要経費には、パソコンの購入費やインターネット接続料、口座への振込み手数料、売買手数料、文房具などの消耗品、セミナー参加費、新聞、書籍、雑誌などの購入費等が認められるケースがあります。

主婦や自営業者など課税対象者と収入状況によって税金の支払い・確定申告の仕方が変わってきますで、もしご不明な点がありましたら、所轄の税務署に相談してみるとよいでしょう。

最新人気ランキング

入門ガイド