バイナリーオプション HOME > チャート・テクニカル分析 > ヘッド・アンド・ショルダーでチャートパターンとブレイク、ターゲットがわかる

ヘッド・アンド・ショルダー(三尊型)で天井圏のパターンを見極める

バイナリーオプション分析方法の中で定番化されているもののひとつに「ヘッド・アンド・ショルダー」があります。これは相場の値動きの形をみて名付けられた物で、主に天井圏の有名なパターンとして知られています。人間の左肩、頭、右肩のような3つの山を描いていることが名前の由来です。日本では三尊とも呼ばれています。

ヘッド・アンド・ショルダーは基本となるチャートパターンなので理解しておくと役立てやすい

ヘッド・アンド・ショルダーは特徴的な値動きを表すチャートパターンのひとつで、初心者はヘッド・アンド・ショルダーを見極められるようになることがひとつのステップとなります。

形は「3つの山」「2つの谷」で構成されています。パッとチャートを見るとジグザグしています。なお、真ん中の山が最も高い値をつけている状態が「ヘッド・アンド・ショルダー」になります。

ヘッド・アンド・ショルダーは上昇相場と下落相場の2つで呼び方が代わります。上昇相場時は「ヘッド・アンド・ショルダー・トップ」下落相場時は「ヘッド・アンド・ショルダー・ボトム」です。余談ですが、まるで菩薩像が3体並んでいるように見えることから「三尊」「逆三尊」とも。

典型的なパターンなので覚えよう

ヘッド・アンド・ショルダーは頻繁に見かける相場の動きです。一度高値がつき、そこから下落して再び上昇。さらに高値がついて下落し、もう一度上昇すると3つの山を描くことになります。そうするとを次の予測としてはもう一度上昇することが期待され、売りシグナルが確認できるという手法です。

ヘッド・アンド・ショルダーはそれぞれの安値の「山の部分」を一直線上に表した「ネックライン」にも注目していきます。

ネックラインまで下落したらこれまでのパターンから考えて再び上昇することが考えられるので売買シグナルとして活用できるというわけです。

ヘッド・アンド・ショルダーで最後の下落が起こった時に売りシグナルとなるのがネックラインとクロスして下方ブレイクしたタイミングになります。

一般的に下図のように【ネックラインからヘッドまでの値幅分=ネックラインを下方にブレイクした後に下落する値幅分】という図式が成り立つと考えられています。

逆パターンもある

ヘッド・アンド・ショルダーは相場の天井圏を表すバイナリーオプション分析方法ですが、相場の底を示すチャートパターンとして「ヘッド・アンド・ショルダー・ボトム(逆三尊)」も存在しています。こちらも比較的頻繁に見かけるパターンです。

基本的にはヘッド・アンド・ショルダーと同じようにネックラインを参考にして売買シグナルを見極められます。

画像出典:fxcm.co.jp

通常のヘッド・アンド・ショルダーにばかり意識がいってヘッド・アンド・ショルダー・ボトムに気がつかないこともあるので注意しておきましょう。

また、下図のように【ネックラインからヘッドまでの値幅分=ネックラインを上方ブレイクした後の上昇する値幅分】という図式が成り立つチャートパターンということを覚えておきましょう。

ヘッド・アンド・ショルダーをバイナリーオプションに応用しよう

ヘッド・アンド・ショルダーはFX、株取引はもちろんですがバイナリーオプションにも役立ってくれます。
ヘッド・アンド・ショルダー状態のチャートを見るとすぐに理解できるのが「レートの値動きが上下を繰り返す」ことです。そして2つ目の山が最も高く、1つ目、3つ目の山はそれを超えられません。これが何を意味するのか。

1つ目の山が終わって、2つ目の山がもっと高値を叩き出す。そうすると3つ目の山はさらに高いところまで上昇するのではないか…と期待してしまいますよね。ですが3つ目の山は結局それを超えることができなかった…。

こういった形のときは「売りの勢いが強まっている傾向にある」と判断できます。もし買いの勢いが強いなら、3つ目の山は2つ目の山を越えるはずです。2つの谷の間を結ぶラインのことを「ネックライン」と言いますが、このネックラインを下回った場合は一気に下落のスピードが高まる傾向にあるのでより強いシグナルとして判断できます。

ということで、ヘッド・アンド・ショルダー見られた場合、上げ相場から下げ相場に転換するシグナルだと判断できます。なお、ヘッド・アンド・ショルダー・ボトムの場合は全く逆になります。

ヘッド・アンド・ショルダーは非常に信頼度も高く、的中率はそこそこあると多くのトレーダーから信頼されています。慣れないうちはどこがヘッド・アンド・ショルダーに該当するのか見つけづらいかもしれませんが、慣れてくるとパッと見ただけで「あ!」と気づけるようになります。

テクニカル分析系の手法をメインに取り扱っているトレーダーにとって必須のテクニックですので練習しておきましょう。

ヘッド・アンド・ショルダーの注意点

ヘッド・アンド・ショルダーは信頼度の高い手法ですし、誰でも手軽に取り入れられるためメジャーな方法と言えるでしょう。

ですがあくまでも大局的にみてトレンド転換点が分かる、という手法であって、レートは常に上下を繰り返しています。特にネックラインを下回った場合「反発」による「戻り」の値動きが見られる場合が多々あります。そうなると短期間で予想を建てなくてはならないバイナリーオプションにとって混乱の元になりがちです。

とは言っても「ハイ・ロー」に限らず「ワンタッチ」「レンジ」でも有効な手法なので参考にすることをオススメします。まずは手持ちのチャートツールをじっくりと眺めて、自分なりにヘッド・アンド・ショルダーを見つけ出す、描画機能が搭載されているならネックラインを描画してみることをオススメします。

最新人気ランキング