バイナリーオプション HOME > チャート・テクニカル分析 > 一目均衡表で相場の流れの変化を見極める!!

相場の動きの転換時点を見分けやすい一目均衡表

一目均衡表は日本はもちろん、世界中のトレーダーから人気の高いバイナリーオプション分析方法になります。5本の線が一つにまとめられており、相場のトレンドや下げ止まり、上げ止まりを予測するのに使用されています。

一目均衡表を構成している5本の線はそれぞれの意味を理解することが大切です。

・基準線
基準線は過去26日間の高値と安値の中間値になります。名前の通り基準になる線です。

・転換線
転換線は過去9日間の高値と安値の中間値になります。

・先行スパン1
こちらは基準線と転換線の中間値を26日先に記入した物です。

・先行スパン2
52日間の高値と安値の中間値を26日先に記した物です。

・遅行スパン
当日の終値を26日先にさかのぼって記入した物です。

雲を確認する

一目均衡表の使い方はいろいろとありますが、初心者の方は雲の使い方をまずはマスターしましょう。先行スパンに挟まれている部分を「雲」と呼びます。

雲よりもレートが上になっているときは上昇トレンドが強く、レートが下にある場合は下降トレンドが強いと判断できます。また、雲の厚さも大切で、厚いほどレートが入りづらくトレンドが維持されやすい、逆に薄いほどレートが雲を突き抜けてトレンドが上昇、下降し続ける傾向が強いと判断できます。

基準線と転換線に注目

バイナリーオプション分析方法で一目均衡表を使う場合基準線と転換線の位置関係を読み取るようにしましょう。これによってトレンドの判断が可能になります。基準線が転換線を上回っている場合上昇トレンドが起こっており、逆は下降トレンドが起こっていると判断されます。両者が交わるポイントはゴールデンクロス、デッドクロスと同じように購入のチャンスと判断されます。

最新人気ランキング