バイナリーオプション HOME > チャート・テクニカル分析 > ローソク足の「コマ」「カラカサ」はトレンド転換のチャンス!

ローソク足が「コマ」と「カラカサ」の形状になったら取引チャンス!!

ローソク足の形状を表す用語はいくつかありますが、ぜひ覚えておいて欲しいのが「コマ」「カラカサ」の2つです。

【コマ】
上下にヒゲのついているローソク足のこと。見た目がおもちゃの「独楽」に似ていることが由来。

【カラカサ】
胴体の下にヒゲのあるローソク足のこと。ヒゲの長さが胴体の2倍~3倍くらいの長さだとカラカサと呼ばれることが多い。名前の由来は「唐傘」に似ているので。

カラカサには終値が高値の「下影陽線」と始値が高値の「下影陰線」の2つがある。

コマとカラカサの意味を理解しよう

まずはコマとカラカサの意味から理解していきましょう。理解できるようになれば自然とバイナリーオプションへの応用も利くようになってくると思います。

●コマの意味
まず、コマは始値と終値がほぼ同じの状態を表しています。最終的に値動きがほとんどなかった場合、コマが表示されているわけです。これはトレーダーから見ると「市場の動向が分かりづらい」状態ですよね。

ですが、高値圏、底値圏でコマが出現している状況だと話が変わってきます。これは売り尽くした、あるいは買い尽くしたサインになります。

となると、当然相場のトレンドが転換する可能性が高まるのでチャンスと捉えます。

●カラカサの意味
カラカサはコマとは逆に「一度に大量の売りが出たために、買い注文が殺到している状況」を表しています。特に重要なポイントは「底値圏でのカラカサ」です。こういったタイミングでカラカサが出現した場合、一気に上昇トレンドに向かっていくと予想できます。

ただし一方で、高値圏でカラカサが見受けられる場合は買い注文に停滞が起こっているサインになります。そこから急激に下落する可能性はあるので「カラカサがあるから上昇トレンドが起こるぞ!」と不用意に飛びつかないように注意したいところです。

実際、こういったトレーダーが多いことから「首つり線」という呼び名もあるくらいですから。

コマとカラカサをバイナリーオプションに応用する方法

バイナリーオプションに応用するには上記したコマとカラカサの持つ意味をしっかりと理解しておくことが大切です。

バイナリーオプションではトレンドの転換点を見極めることが重要。なので底値圏、高値圏でコマやカラカサが頻繁に表示されている場合はトレンドの転換点が出てくる可能性が高い、と判断できるでしょう。
注意点としては上記した、カラカサの「首つり線」に引っかからないようにすることです。

また、あくまでも基本的なテクニカル分析のひとつですので、コマとカラカサだけに頼るのは少々心もとないです。カラカサが出ているからといって上昇トレンドが起こるとは限りません。

あくまでもトレンド転換点の目安のひとつとして捉え、他のテクニカル分析と組み合わせることで能力を発揮するタイプの分析手法だということを覚えておきましょう。

最新人気ランキング