バイナリーオプション HOME > チャート・テクニカル分析 > 三角保ち合いで相場が一気に動き出すタイミングを見計え!

相場に"エネルギー"が溜まっていくのがわかる三角保ち合い

バイナリーオプションでトレンドやチャートを見ていると「全然動きがない」ことがあります。

上下のトレンドラインの間で相場が落ち着いているときは割と頻繁に見かけるものです。実はこのトレンドラインの中でしか相場が動いていないのはチャンスの前兆です。これを「三角保ち合い」と言います。

三角保ち合いは相場が膠着してる証拠!!期間が長い程その後の噴き上がりが強い傾向に!!

・三角保ち合いが理解できればトレンドの転換点が見えてくる!
三角保ち合いはよくあるチャートパターンの1つです。相場がこう着状態に入っているときに出現しやすく、必ず覚えておきたい形です。

三角保ち合いは名前の通り、ラインが三角形を描きます。高値を結んだライン、安値を結んだラインをそれぞれ伸ばしていくと三角形になります。この三角保ち合いを理解できれば、レートが大きく動く方向をある程度予測できるようになります。つまり、トレンド転換点が理解できるわけですね。ということで今回は三角保ち合いについて紹介していきます。

三角保ち合いは大きく分けて3種類

高値を結ぶライン、安値を結ぶラインで描く三角保ち合いですが、状況に合わせて3つの種類が存在しています。それぞれで意味が異なってくるので理解しておきましょう。

1. 先行き強気

ラインを引いた際に三角形の直角部分が左上になる形の場合「先行き強気の三角保ち合い」と言います。高値のラインは大体同じくらいに収まっているものの、安値は少しずつ上がっている…という状態ですね。

この状態だと「この先株価が上がる」と予想されます。だから「先行き強気」と呼ばれているわけです。

この三角保ち合いの状況だと、トレーダーは一気に買いに走る可能性があります。となると上昇トレンドが強く出ることが期待できますね。

2. 先行き弱気

先行き強気の逆バージョンです。ラインを引いた三角形の直角部分が左下にある形。
高値のラインが徐々に下がってきて、安値は大体同じくらいの位置で推移していることになります。

トレーダーとしては「安値はあまり変わらないけれど高値がなかなか上昇しないから今のうちに売っておいた方がリスクが少ないかも?」となります。つまり突然下落トレンドに移行しても全くおかしくありません。

3. 均衡する三角保ち合い

上下のラインを結んだ三角形が「二等辺三角形」になっている場合は「均衡する三角保ち合い」の状態です。

高値が徐々に下がり、同時に安値が徐々に上がっている状態ですね。

これが何を意味するのかというと「これから株価が上がるだろう」と考えるトレーダーと「これから株価が下がるんじゃないか」と考えるトレーダーの両者が拮抗している状態と判断できます。

となると、三角形の頂点が形成されて初めてどちらかのトレンドに一気に偏ることが予想されるため、うかつに手を出すには危険な時期だと判断できます。

なぜこのような現象が起こるの?

●トレンドラインのブレイクが目安
三角保ち合い状態が続くと徐々にトレンドラインが狭まっていきます。上値を表すトレンドラインと従えを表すトレンドラインが徐々に近づいていくと相場だけ見ると全く動きが無くなってきて「今の相場じゃ勝負できない」と思うかもしれません。

しかし、次第にトレンドラインが近づいて重なるとそこから一気に相場が動き始めることが多いです。そのため、トレンドラインのブレイクを目安にして売買シグナルとして活用していくと勝率がアップすると言われています。

●どうして三角保ち合いが起こる?
どんなに精通しているトレーダーでも100%相場を見極めることはできません。しかし、三角保ち合いをはじめとしたパターン化されたチャートというのは必ず存在しているものです。どうして三角保ち合いが起こるのかというと「トレーダー同士の思惑が重なる」からです。相場の動きが鈍くなってくると自分にとって都合の良い売買がしづらくなるのは誰もが同じことです。初心者でもプロでも全く同じ条件。そうなると「今は勝負するのではなく様子を見極めるべき」だと判断します。

ただ、中には細かく勝負を仕掛けてくる人もいます。これが重なりあうと徐々にトレンドラインが狭くなっていき、三角保ち合いの状態になるわけです。ある程度見極めが進むとトレーダーは一気に仕掛けてくるため「トレンドラインブレイク」が起こるというわけです。

よほど自信のない限りはバイナリーオプションで三角保ち合い中に手を出すのはやめておいたほうが良いでしょう。一度トレンドラインがブレイクしてからトレードすることをおすすめします。

三角保ち合いをバイナリーオプションに応用する

バイナリーオプションに三角保ち合いの考え方を導入するのは良い判断です。ブレイクポイント(三角形の頂点)が転換点になるわけですので、それまでじっと耐えてから予想することで勝率アップにつながります。

先行き強気:High
先行き弱気:Low
均衡:様子見

といった具合でエントリーのタイミングを見極めてみましょう。最初の内はなかなか三角保ち合いに気づかないこともあります。ですが多少慣れてくるとわざわざラインを描画しなくても一目見ただけで「あっ!」と気づけるようになるので焦らずゆっくりマスターしましょう。

三角保ち合いの注意点

シンプルかつ有効なテクニックの三角保ち合いですが、これひとつだけで全てを判断するのは危険です。正直、三角保ち合いだけで相場を予想するのはプロのトレーダーでも難易度が高い!トレーダー同士の思惑、駆け引きによってどちらに転んでもおかしくないのが三角保ち合いだったりします。

なので早急にエントリーしてしまうよりは、ブレイクポイント以降にエントリーするのが無難だと思います。また無難な方法として、三角保ち合いが起こっている相場には手を出さない、というのも大事なテクニックです。

最新人気ランキング