バイナリーオプション HOME > チャート・テクニカル分析 > 【相場の過熱感を分析】ストキャスティクスでバイナリーオプションを攻略!逆張り手法の心強い味方に!

買われすぎと売られすぎを見極めるストキャスティクスは重要なバイナリーオプション分析方法

バイナリーオプションを攻略する上で、テクニカル指標を用いたチャート分析は必要不可欠です。

数あるテクニカル指標の中でバイナリーオプション攻略の定番となっているのが「ストキャスティクス」。

「ストキャスティクスって名前は聞いたことがあるけれど、具体的にどのようなものなのか知らない」
「バイナリーオプションでどのように使えば良いの?」

といった人もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、バイナリーオプション攻略に欠かせないストキャスティクスの使い方や攻略方法などを紹介していきます。

この記事を読めば、ストキャスティクスを使ってバイナリーオプションの逆張りエントリーができるようになり、勝率アップが見込めるので、ぜひ参考にしてください。

ストキャスティクスは買われすぎ・売られすぎを示すインジケーター

ストキャスティクスは一定期間内の相場と比べて、現在価格の「買われすぎ・売られすぎ」を表すインジケーターになります。

ストキャスティクスの表示
 

0~100%の数値が設定されていて…

20%以下:数値が小さすぎる=売られすぎ
80%以上:数値が大きすぎる=買われすぎ

の状態を表します。

買われすぎ・売られすぎの状態を分析
 
相場は上昇・下降トレンドを描きながらも、同じくらいの価格帯に戻ろうとする動きを見せるものです。

ストキャスティクスを使って「買われすぎ・売られすぎ」を判断できれば、反発するタイミングを見計った逆張りエントリーのチャンスが生まれる、という仕組み。

逆張りとは反発狙いの手法で、トレンド方向とは逆方向にエントリーします。

上昇トレンド:反発して価格が下がると読みLowエントリー
下降トレンド:反発して価格が上がると読みHighエントリー

ストキャスティクスを使えば、バイナリーオプションの逆張りエントリーの根拠を読み取り、売買サインを見つけられるようになるので、勝率アップが期待できますね!

ストキャスティクスとRSIの違いは?

ストキャスティクスと同じオシレーター系インジケーターで、同じように逆張り狙いに使えるのが「RSI」です。

RSIもまた、相場の買われすぎ・売られすぎを判断するための定番テクニカル指標。

売買サイン
 
どちらも逆張りエントリーの売買サインチェックに使えるのですが、ストキャスティクスとRSIは考え方が異なります。

ストキャスティクスは直近の終値と高値・安値の差を基に%を算出。

一方のRSIは一定期間の値幅に対して上昇・下降した割合を%として算出します。

RSIは基本的に

70%にタッチ:買われすぎ
30%にタッチ:売られすぎ

で考えますが、相場によって80%・40%に調整するなど見極めが必要なケースも。

関連記事:バイナリーオプションはRSIを使った逆張り手法で勝率をあげられる

ストキャスティクスはシンプルな仕組みになっているため、単純に

80%にタッチ:買われすぎ
20%にタッチ:売られすぎ

で考えてOKです。

判別方法がよりシンプルなストキャスティクスの方がより直感的に取引に用いやすく、初心者向けと言えるでしょう。

ストキャスティクスの設定

ストキャスティクスのパラメーターは一般的に次の設定が用いられています。

K:9
D:3
スムース(スローイング):3

ストキャスティクスのパラメーターを表示
 
悩んでいる人は、この数値に設定すれば間違いないので、参考にしてみてください。

バイナリーオプションでのストキャスティクスの使い方

続いてバイナリーオプションでストキャスティクスを使った取引方法を紹介していきます。

ストキャスティクスを表示させると、20~80の数値に該当するエリアに色がついているのが分かります。

このラインにタッチしている or 超えている部分は「買われすぎ・売られすぎ」と判断。

80%にタッチ:買われすぎ
20%にタッチ:売られすぎ

相場が買われすぎ=反発が起こって下降トレンドに反転する可能性が高いので、Lowエントリーするサインと考えられます。

逆に20%にタッチしていれば、売られすぎ=上昇トレンドに転じる、と判断してHighエントリーするサインと考える、といった具合です。

反転ポイント
 
このように、ストキャスティクスを使えば視覚的にエントリーポイントを見つけられるため、バイナリーオプション取引をよりスムーズに進められるでしょう。

ストキャスティクスと相性の良いボリンジャーバンドを組み合わせて根拠を強める!

ストキャスティクスを始めとしたオシレーター系インジケーターは、トレンド系インジケーターと組み合わせるのが一般的です。

中でも相性が良いのが「ボリンジャーバンド」。

ボリンジャーバンドはストキャスティクスと同様、逆張り狙いに有効なテクニカル指標です。

そのため組み合わせるとお互いの根拠を高め合う効果が期待できます。

ボリンジャーバンドと組み合わせて表示
 
画像のように、両方を見比べ、同時にサインが出ていればエントリーする根拠の強いポイント、と判断できます。

上記画像だと、売りポイントは両方とも一致しているので、信頼度が高いと判断。

売りポイントはストキャスティクスのみで、ボリンジャーバンドには見られないため、今回は見送る…といった判断ができるでしょう。

ストキャスティクスを用いたバイナリーオプション攻略を行う際は、ぜひボリンジャーバンドと組み合わせてみてください。

関連記事:ボリンジャーバンドを使ってバイナリーオプションを攻略する方法と相性の良いテクニカル指標まとめ

まとめ

今回はバイナリーオプション攻略に役立つテクニカル指標「ストキャスティクス」の使い方や見方などを紹介しました。

最後にもう一度ポイントをおさらいしてみましょう。

の3つが今回の要点になります。

「バイナリーオプションの勝率がなかなか安定しない」
「ストキャスティクスを使ったトレードを試してみたい!」

といった人は、ぜひこの記事を参考にして、バイナリーオプション取引にストキャスティクスを取り入れた逆張りエントリーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

最新人気ランキング