バイナリーオプション HOME > チャート・テクニカル分析 > ストキャスティクスで売買サインを見極める

買われすぎと売られすぎを見極めるストキャスティクスは重要なバイナリーオプション分析方法

ストキャスティクスはバイナリーオプション分析方法の中でも購入タイミングを計るのに適したテクニカルチャートのひとつです。よく似た>オプション分析方法のひとつ「RSI」と非常によく似ているのですが、ストキャスティクスは直近の価格と安値、もしくは高値の差から%で表しています。

ストキャスティクスには0~100%の折れ線が表示されています。2本の折れ線が表示されており、「%K」と「%D」を表します。2本の折れ線は非常によく似た動きをしていますが、よく見ると若干異なる動きになっていることが分かります。これらのグラフの動きと表示されている%を照らし合わせることで現在が「買われすぎなのか」「売られすぎなのか」を判断できます。

20%と80%に注目

ストキャスティクスでのバイナリーオプション分析方法を取り入れる場合、現在のラインが何%に位置しているのかを確認します。ストキャスティクスの場合80%以上になると「買われすぎ」の状態、20%以下になると「売られすぎ」の状態だと判断していきます。

ストキャスティクスの活用法

ストキャスティクスを用いているときに例えば80%を超えていると「今から価格が下がるはずだから購入のチャンス!」と考える方もいるでしょう。また20%以下の時に「価格が上がるはず」と考えるのも当然のことだと思います。

しかし注意しておきたいのが「すぐに反映されるわけではない」ということです。例えば80%以上で買われすぎの状態だったとしてもすぐに売られるようになるとは限りません。実際にストキャスティクスを使ってみるとわかるのですが、時には90%台まで上昇することも珍しくありません。重要なのは「%K」と「%D」がクロスするタイミング。%の位置とクロスするタイミングを見計らうと精度の高い予測に繋がりやすいので考慮してみましょう。

最新人気ランキング