バイナリーオプション HOME > チャート・テクニカル分析 > トリプルトップとトリプルボトムはトレンド転換点の前兆!覚えておきたいチャートパターン

トリプルトップとトリプルボトムを理解することでトレンド反転の時期を見極められる

過去のチャートを分析していると、「おや、これはトリプルトップ(トリプルボトム)では?」と思うことが結構あり、チャートパターンの中でも代表格なのが「トリプルトップ」と「トリプルボトム」です。

これらは相場の天井圏や底値圏で見られるチャートパターンで、トリプルトップは「3つの山」「2つの谷」で構成されています。トリプルボトムは「2つの山」「3つの谷」から構成されます。またそれぞれの山の高さ、谷の深さは大体同じくらいになります。

トリプルトップ、トリプルボトムの意味は?

トリプルトップ、トリプルボトムがみられる場合、どういった意味があるのかを理解していきましょう。

相場が上昇トレンドにある場合、トレーダーはまず「上値」を探っていきます。もちろん下落と連動にある時は「底値」を探ります。
そういった状況で1つ目、2つ目、3つ目の山ができたとします。つまり「トリプルトップ」の形です。

しかし3つ目が2つ目の山のピークを超えられなかった場合、あるいは同じ程度で収まった場合…トレーダー心理としては「上昇トレンドが終わった!ここがトレンド転換点だ!」と考えます。その結果、売り注文が増えるため一気に下落トレンドに移行する…というわけですね。
逆に底値圏から上昇トレンドに転じるタイミングを見極めるときにはトリプルボトムで判断することになります。

要するに、トリプルトップやトリプルボトムが出現する場合、今のトレンドから反転する可能性が高い、と判断できるわけです。

ヘッド・アンド・ショルダーとの違いは?

トリプルトップ、トリプルボトムは同じく定番のチャートパターンである「ヘッド・アンド・ショルダー」ととても似ています。そのため混同されがちなのですが、両者は違うものだと捉えたほうが良いでしょう。

トリプルトップの場合、3つの山の高値は大体同じくらいに収まるのですが、ヘッド・アンド・ショルダーの場合は2つ目の山が最も高値を示します。トリプルボトム、ヘッド・アンド・ショルダー・ボトムについてもやはり2つ目の谷に違いがあります。

これが何を意味しているのか、というと「信頼度」にあります。現状の分析ではトリプルトップよりもヘッド・アンド・ショルダーの方が信頼度が高いとされます。
しかし、ヘッド・アンド・ショルダーの形はそうそう見かけるものではありません。一方のトリプルトップに関しては割と頻繁に見かけます。より慎重な人はヘッド・アンド・ショルダーを、他にもトレンド傾向を掴むテクニックを持ち合わせている場合はトリプルトップを参考にする、といった具合になります。

トリプルトップ、トリプルボトムをバイナリーオプションに応用する

トリプルトップとトリプルボトムをバイナリーオプションに利用する場合は次のようになるでしょう。

トリプルトップ:下落トレンドの始まりと考えられるので「Low」
トリプルボトム:上昇トレンドの始まりと考えられるので「High」

といった具合で取り入れていくのがよいでしょう。

注意点

トリプルトップとトリプルボトムはそれなりに信頼できるチャートパターンなのですが、絶対にトレンド転換点になるとは限りません。これは上記したヘッド・アンド・ショルダーでも全く同じことが言えます。

よくあるパターンとしては、トリプルトップの形になったためトレンドが下落傾向に反転すると予想した…けれど結局上昇トレンドのまま進んでしまった。といったケースです。
チャートは全世界中のトレーダーの思惑を反映しているわけなので、個人投資家の思い通りに動くとは限りませんよね。このあたりが難しいところであり、面白いところでもあります。

より慎重に動きたいなら、ネックライン(トリプルトップなら2つの谷を結ぶライン)を超えてからエントリーし始めるのが良いでしょう。そうすれば手痛い損失はそれなりに抑えられるはずです。

最新人気ランキング