バイナリーオプション HOME > 取引ルールを比較 > 取引回数の比較

1日の取引回数・取引チャンス一覧表で比較

バイナリーオプションは将来のある一定の時間帯内での相場動向を予想し、短期的な取引を行うものです。「第1回は10時00分から10時30分まで」「第2回は10時40分から11時10分まで」というようにエントリーできる時間帯が決まっています。5分毎に取引参加できるところや週に1回のところまで、取引チャンスの数は業者によってそれぞれ定められています。このページでは1日当たりの取引チャンスの多さを一覧表で比較できるようにまとめています。どんどんアクティブに稼ぎたい方は取引チャンスが多いバイナリーオプション会社を選び、ゆっくりとマイペースに取引したい方は取引回数少ない業者を選んで、自分にとってベストな業者はどこなのかを比較してみましょう。

▼各社の1日あたりの取引チャンスの回数を比較した一覧表

FX業者名・サービス名 1日の取引回数 取引の頻度と購入タイミング
GMOクリック証券
『外為オプション』
5通貨×10回号 5通貨ペアで購入可能。取引時間中なら購入・売却は自由
FXトレード・フィナンシャル
『バイトレ』
6通貨×11回号 6通貨ペアで購入可能。取引時間中なら購入・売却は自由
FXプライム byGMO
『選べる外為オプション』選べる外為オプション
4通貨×10回号 4通貨ペアで購入可能。取引時間中なら購入・売却は自由
みんなのFX
『みんなのバイナリー』
11回 10分毎に3通貨ペアで購入可能
ヒロセ通商
『LION BO』
33回 1時間毎に3通貨ペアで購入可能
IG証券
『FXラダー/ワンタッチ』
5回 0時、8時、12時、16時、20時に5通貨ペアで購入可能

取引チャンスが豊富なバイナリーオプション業者はここだ!!

■GMOクリック証券『外為オプション』は、取引時間中ならいつでも好きなタイミングで購入・売却ができる!
業者がGMOクリック証券です。取引時間中なら自分のタイミングでオプションを購入でき、購入したオプションを満期前なら好きなときに売却して損益を確定することができます。雇用統計や指標発表のタイミングを狙って取引ということも可能です。これなら「仕事から帰ってすぐに取引したいなあ」「就寝までのちょっとした間に取引したい。」という方でも自由に参加できます!
>> GMOクリック証券の外為オプション詳細情報ページへ


■1日に66回の取引回数!収益性もGoodなFXトレード・フィナンシャル『バイトレ』!
取引時間は月曜朝7時から土曜日の早朝まで、損益が確定する判定時刻は取引開始時間から2時間後。取引回数は6通貨ペア×11回号=66回もの取引が1日あたりで可能となります。ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルのオプションも購入できる二者択一型のバイナリーオプションで、多彩な取引に対応。取引チャンスも多く収益性も兼ね備える、非常にバランスがとれている業者です!

>> FXトレード・フィナンシャルの バイトレ詳細情報ページへ

最新人気ランキング