バイナリーオプション HOME > 取引ルールを比較 > 国内業者と海外業者の違いを比較

国内業者と海外業者はどのように違うのか比較してみよう

バイナリーオプションの取引を行うには、何が必要かというとやはり口座がないことには始まりません。そういったときに迷うのが、国内業者にするか、海外業者にするか、といったことではないでしょうか?

バイナリーオプションの国内業者の特徴と海外業者の特徴を比較していきましょう。

バイナリーオプションの国内業者

バイナリーオプションは最近人気の投資ということから、以前はそれほど国内の業者の数はなかったと言えます。

しかし、最近ではこのブームのおかげか、かなり国内の業者も充実をしてきて、いろいろと選べるようになってきたのがありがたいと言えます。国内業者の特徴としては、外貨を対象としているところがほとんどで、株式や株価インデックス・金・銀・原油といった対象は扱っていないということになります。ほとんどが、FXの延長上にあるといっても良いでしょう。

また、各種手数料が0円のところが多く、安心感もあるのが国内業者の特徴になります。さらに取引最低価格が50円や100円といった業者もあるために、まずは慣れて行きたいという人にはピッタリになります。

■日本国内業者のメリット・デメリット一覧表

国内業者・サービス名 メリット デメリット
GMOクリック証券
『外為オプション』
50円や100円、1000円未満から取引できる。
(※FXプライム byGMOは最小単位は約50円)

・取り扱いがFXの通貨に特化していてシンプル。

・日本人向けに取引画面が最適化されていて使いやすい。

スマホアプリにも対応しているところが多い。
・株式や商品など通貨以外は取引できない。
ヒロセ通商
『LION BO』
IG証券
『FXラダー/ワンタッチ』
みんなのFX
『みんなのバイナリー』
 FXプライム byGMO
『選べる外為オプション』選べる外為オプション

バイナリーオプションの海外業者

バイナリーオプションは、海外のほうが進んでいるために取引口座の選択肢としては海外のほうが多いでしょう。通貨だけを対象としている業者は少なく、さまざまなものを対象とでき、銘柄は豊富と言えます。

日本から口座の開設はできても日本語のサポートがないといったところも有りますので、英語がある程度できないと厳しいかもしれません。

しかし、銘柄の豊富さにかけては、国内業者とは比べ物にならないと言えます。

■海外業者のメリット・デメリット一覧表

■メリット ■デメリット
・高/低い(ハイ・ロー)型の取引方法が単純明快で初心者でも取引しやすい。

・外国為替(FX)の他にも株式や株価指数、商品を取扱っていて投資対象が豊富。
(中・上級者にもおすすめ)。

・60秒オプションという1分という長短時間で損益確定する独自性のあるオプションを提供している。
管理画面が使いにくく慣れるまで時間がかかる。

・国内では最低入金額が数十円から数百円と少額だが海外業者は数千円からの業者が多い。


このように国内と海外業者では特徴が異なり、相似点が多々あります。それぞれの業者のサービスが自分自身の取引方法と最適化できるのかどうかを見極めた上で業者選びをするとよいでしょう。(海外業者については海外バイナリーオプション.comにて詳しく案内しています。)

ただ、バイナリーオプションが初めての初心者の方はまずは国内業者の口座を持つことをおすすめします。

◆バイナリーオプション業者 人気ベスト3 >> もっと見る

GMOクリック証券
GMOクリック証券
取引条件全ての面でトップレベルのGMOクリック証券・外為オプション。メイン口座として持っておきたい!
FXトレード・フィナンシャル
FXトレード・フィナンシャル
1000円未満から始められて最短2分で利益発生!ペイアウト倍率は約2倍で収益性も高い!
みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
目標レートと払戻金を確認して選択するだけ!!10分程度待てば購入金額の最大約20倍の利益が貰えるかも。

最新人気ランキング