バイナリーオプション HOME > 取引ルールの比較 > レンジ型を提供している業者を一覧で比較

レンジ型のバイナリーオプションに対応している業者を比較しよう

レンジ型はレート価格が一定の範囲内に収まるか否かがペイアウト発生の基準となる取引方法のことです。判定時間までに一度でもレンジ上限(あるいは下限)のレートにタッチするかレンジをブレイクすると損失が発生します。為替相場が定められたレート価格帯で推移すると予測するならレンジ型のバイナリーオプション取引がおすすめです。

▼レンジ型のサービスを提供している業者一覧表

FX業者名・サービス名 概要
FXトレード・フィナンシャル
『バイトレ』
1. 目標レートが判定レートより高いか低いかを予想する『バイトレラダー)』。
2. 判定時刻にレンジ内にレート価格が収まるか否かを予想する『バイトレレンジ型
3. 判定時刻までに1度でも目標レートに到達するかしないかを予想する『バイトレタッチ


そもそもバイナリーオプションのレンジとは何か?

バイナリーオプションにおけるレンジとは特定の上下2本の価格の間に挟まれた範囲のことを指します。
この範囲内に将来の相場価格が入っているか(IN)、あるいは範囲外に抜けだしているか(OUT)を2択で予想するのがレンジオプションです。

例えばドル円のレンジが100〜101円の時、1時間後の相場価格を予想して、範囲内にあるだろうと思えば「IN(レンジインオプション)」を選択し、範囲から外れると思えば「OUT(レンジアウトオプション)」を選択します。

相場が本当に動かない時期はレンジインオプションで取引すれば利益を出しやすいということになります。レンジ相場であればFXよりもバイナリーオプションの方が勝ちやすいのでおすすめなのです。

このように、相場が動かなくても予想が当たれば利益を得ることができるのがレンジオプションの魅力です。

どうなれば利益を得られるのか?

・「イン」を選択した場合
判定時間に指定された範囲内に価格があれば、ペイアウト金額を得ることができます。
価格が停滞しそうだな、値動きは小さそうだなと思えばこちらを選択することをオススメします。
・「アウト」を選択した場合
判定時間に指定された範囲から価格が抜けだしていれば、ペイアウト金額を得ることができます。
値動きが激しい時や、市場心理が揺らいでいて価格が大きく動きそうだなと思う時に有効な選択肢です。

レンジオプションができる唯一の業者、FXTFの『バイトレ』のポイントは次の3点

・それぞれの回号の開始時間から判定時間の2分前まで、いつでも購入と転売が可能です。
・予想が当たった時にもらえるペイアウト金額は事前に1lotあたり1000円あるいは1万円から選択することができます。
・予想が外れた時はペイアウト金額が0円になり掛け金は戻ってこないので注意してください。
>>FXトレード・フィナンシャルの『バイトレ』の口座開設をする



取引ルールの関連記事
各社の取引ルールの概要を比較
1日の取引回数を比較
ペイアウト倍率を比較
最大購入金額を比較
少額で取引できる業者を比較
最短取引時間で比較
権利放棄が可能な業者を比較
各社のお得なキャンペーン情報を比較
ハイ・ロー型を提供している業者を比較
ワンタッチ型を提供している業者を比較
レンジ型を提供している業者を比較
60秒オプション提供業者を比較
30秒オプション提供業者を比較

最新人気ランキング