バイナリーオプション HOME > BO取扱FX業者 > GMOクリック証券のバイナリーオプションで勝てない時に試すべき対策&勝つための秘訣

【GMOクリック証券の外為オプションで勝てない人に共通する5つの理由】勝つための手法を教えます

「GMOクリック証券の外為オプションで取引をやっているけれど、全然勝てない…」
「何が悪いのか良く分からない」

とGMOクリック証券のバイナリーオプションをやってみたは良いものの、勝てなくて悩んでいる人もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、GMOクリック証券で勝てない理由とその対策方法を紹介していきます。

この記事を読めば勝てない原因を見直すことができ、これからの取引に役立てられるのでぜひ参考にしてくださいね。

バイナリーオプションは運だけで勝てるほど甘くない!

GMOクリック証券のバイナリーオプション『外為オプション』は「ラダーオプション」という取引ルールを採用しています。

これは目標レートを超えるか超えないか、を予想するルールです。

つまり2択を当てれば良いので、単純に勝率は50%になります。

しかしGMOクリック証券では変動制ペイアウト率が採用されており、的中時のペイアウトは1,000円で固定。

チケット購入額でペイアウト率をコントロールしています。

予想が難しいチケットほど安く買えて、予想が簡単なチケットほど値段が高くなる、という仕組みです。

的中率50%の場合、ペイアウト率が常に2倍で収益がトントンになるため、損失を出さないようにするには、ペイアウト率の高い…つまり予想が難しいチケットを購入する必要があります。

毎回ペイアウト率2倍以上のチケットを買い続けて、勝率50%以上をキープし続けるのは難しいため、運だけで取引を進めていけるほど甘くはない、と言えるでしょう。

運に任せず自分の戦略に従ってトレードする!

バイナリーオプションは為替相場を元にレートを予想します。

ギャンブルのように、ダイスやトランプを使った、完全な運任せの取引ではありません。

為替相場は分析することで、未来の値動きをある程度予想できます。

分析手法を大別すると次の2つ。

  1. テクニカル分析:チャートの動きから未来を予想する
  2. ファンダメンタルズ分析:経済動向から未来を予想する

GMOクリック証券の外為オプションでは、1回号の取引時間が3時間と決められていて、FXや株と比べて短めです。

そのため、ファンダメンタルズ分析ではなく、テクニカル分析の相性が良いと覚えておきましょう。

バイナリーオプション取引はテクニカル分析を用い、自分なりの取引戦略を立ててトレードするのがベストです。

運に任せるのではなく、テクニカル分析で相場を見極め、これからの値動きを予想した上でエントリーするように心がけましょう。

闇雲にエントリーすると勝てない!勝てるタイミングを見極めること!

GMOクリック証券の外為オプションは他の投資(FX、株など)と比べて手軽に参加できるのがメリットです。

手軽なポイントを挙げると次の4つがあります。

  1. 1枚1,000円未満でチケットを買える
  2. 早朝から深夜まで取引時間が長く、いつでも参加できる
  3. FXのように自分で決済しなくても判定時刻に自動的に決済される(チケットを買って放置しても大丈夫)
  4. PCだけでなくスマホでも利用できるので外出先や仕事の合間にも取引できる

このように、少額投資OK、いつでもどこでも取引できる…と参加しやすい環境は本当に魅力的です。

しかし手軽がゆえにどんどんトレードを重ねてしまう人も多く、それが原因で勝てないケースも考えられます。

「せっかくエントリーできるのに、やらないなんてもったいない!」

という人も多いですが、それは間違い。

「今エントリーすれば勝てる見込みが高い!」と判断したときにエントリーするのが正解です。

テクニカル分析で条件が揃ってからエントリーするように心がける!

上述したテクニカル分析を用いた取引を意識していれば「売買シグナル」を始めとした「今エントリーするべき」というポイントが定まってきます。

つまり自分なりの取引ルールが出来上がっていくわけです。

外為オプションで勝つためには、この自分ルールを破らず、徹底することが重要。

仮に負けが混んでしまったとしても「今日だけで取り戻すのではなく、これからじっくりと取り返していけば良い!」と焦ることなく、次のチャンスを虎視眈々と狙っていくスタンスを身に着けましょう。

過去から学ばない人は同じ過ちを繰り返して勝てない!

バイナリーオプションで勝てない大きな原因の1つに記録をつけず、過去を振り返っていない、という点が挙げられます。

バイナリーオプション取引のスキルを高めるためには

といったポイントを振り返り、次のトレードに役立てることが大事です。

先述したように、バイナリーオプションはテクニカル分析をベースに取引を進めていくのが王道ですが、同じテクニカル分析を使い続けていることで行き詰まりが生まれることも。

そうならないためにも

といった点をテストし、相場に合わせてメンテナンスすることが求められます。

バイナリーオプション記録をつける習慣を意識しよう!

GMOクリック証券の外為オプションには過去の取引履歴が残されているので、それを使って振り返ることもできます。

しかし理想を言えば

  1. トレード情報(購入額、ペイアウト率、レート、通貨ペアなど)
  2. トレード手法(どんなテクニカル分析を使ったかなど)
  3. トレード画面のキャプチャー
  4. メモ(注意点、留意点、気づいたことなど)

これら4点を記録しておきたいものです。

エクセルやGoogleスプレッドシートなどを使えばスッキリとデータをまとめやすくてオススメ。

最初は面倒に感じられるでしょうが、勝てるバイナリーオプションを目指すなら必須です。

資金管理ができないと勝てない!

バイナリーオプションに限らず、FX・株といった投資の世界では資金管理が重要視されています。

きちんと資金管理を行わないと、無計画な投資になってしまいがちで「気がつけば損益が大きくなりすぎた…」といった事態を引き起こしかねません。

仮に毎月の予算が10万円なら…

1週間:25,000円
1日:5,000円

といった具合に1日あたりの予算を計算できます。

これを守ることから始めるのが良いでしょう。

ありがちなのが「負けを取り返したい!」と無理なエントリーを繰り返してしまうこと。

負けているときこそ冷静になって、資金管理計画に基づいた取引を意識するようにしましょう。

投資額を増やすのは取引手法が固まってきてから!

「資産管理を重視したらいつまで経っても投資額を増やせないのでは?」と考える人もいるでしょう。

確かにそのとおりで、外為オプションで利益を伸ばそうと思ったら、徐々に投資額を増やしていく必要があります。

ではそのタイミングはいつが良いのか。

勝率55~60%で安定し始めたら投資額を増やすのが1つの目安となります。

ペイアウト率にもよりますが、勝率60%があれば十分利益が増え、投資額も無理なく増やせるようになっていくでしょう。

あとは自分の懐事情次第です。

逆に勝率55~60%に満たない状態で投資額を増やすと、損失が膨らむリスクが高まるので、まだ取引手法を練る時期だと考えるようにしましょう。

取引時間や通貨ペアが適当だと勝てない!

外為オプションは

の2つが特徴です。

自由度が高いだけに、自分の気が向いた時間に、なんとなく通貨ペアを選んでいるようだと勝てません。

バイナリーオプションは通貨ペアによって取引が活発になる時間帯があります。

そして取引できる5種類の通貨ペアは

  1. ドル円
  2. ユーロ円
  3. ポンド円
  4. 豪ドル円
  5. ユーロドル

と、ほぼ全てが日本円絡みとなっている点に注目しましょう。

時間帯と通貨ペアを絞って取引しよう!

日本円は東京市場がオープンしている時間帯(8:00~17:00)に活発化する傾向にあります。

この時間帯に日本円絡みの通貨ペアが動きやすいので、取引チャンスが生まれやすいです。

上記2点を意識して、集中的に取引することをオススメします。

すると通貨ペアや時間帯での傾向が見えてくるため、分析がしやすくなり、勝率が安定するようになる、というわけです。

サラリーマンなど日中の取引が難しい人は、無理に東京市場の時間帯にこだわらなくても、ご自身が取引しやすい時間帯でOKです。

大事なのは、できるだけ毎日同じ時間帯に取引をして傾向を掴むこと!

まとめ

今回はGMOクリック証券の外為オプションで勝てない人に共通するポイントとその対処方法を紹介しました。

最後にもう一度おさらいすると…

の3つが今回のポイントになります。

「外為オプションで勝てなくて困っている」
「どうすれば勝てるようになるんだろう?」

といった方は、ぜひこの記事を参考にして、外為オプションの勝率を高める取引手法を確立させてくださいね。

GMOクリック証券の詳細を見るGMOクリック証券の公式サイトへ

最新人気ランキング