バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > ブレイクアウトが最も堅実な売買シグナル!?

指標をブレイクアウトしたら取引チャンスと思え!

ブレイクアウトとは突き抜けとも言い、相場が指標ラインを突き抜けて大きく上昇もしくは下降することです。突き抜けたとする基準ラインには移動平均線がよく用いられています。下限の支持線や上限の抵抗線を突き抜けることがそれに当たります。

バイナリーオプションではレンジ相場よりもトレンド相場の方が勝率を上げやすくなります。というのは、ある一定幅の持ち合い相場が長く続くことで方向性に迷っていた相場が、ブレイクアウトすることで、方向性が明確になるのです。そうなると、抜けた方向へと参加者が多数取り引きを始めるので、このきっかけにより強い動きになって、より方向性が確定されるのです。ですから、このタイミングを見計らって取り引きをすると的中率が上がってくるというわけです。

というわけで、ブレイクアウトしている相場は格好のエントリーチャンスだといえます。

ブレイクアウト手法

ブレイクアウトが始まると市場が方向性を持って、さらに加速していきます。上に突き抜けたのであればトレンドが値上がり傾向になり、値上がり幅が大きくなるのは簡単に予想できますね。逆に、下に突き抜けたのであれば、トレンドは値下がりする方向に厚くなるのも必然なのです。
ブレイクアウト手法は市場のトレンドに逆らわず、トレンドが上げにいるのであれば値上がりだけを、トレンドが下げ傾向になっているのであれば値下がりだけ狙うというシンプルなものです。

・レンジ相場が長く続いていたかどうか
・本当にブレイクアウトしたか確定しているのか

ブレイクアウトの大きさは今までのレンジ相場の長さによって決まることが多い傾向にあります。長い間、相場がもみ合ってレンジ相場が続いているとその反動か、かなり大きなブレイクアウトが起こります。その瞬間を取引チャンスとして売買シグナルとして利用してみましょう。

まずレンジ相場が長いかどうかを確認してください。単に長いと言ってもいろいろな期間がありなかなか難しいですが、1日の中で朝から夜にかけてレンジ相場が続いている場合、ブレイクアウトが起こる可能性が出てきます。

次にブレイクアウトの確認はある程度価格の変動の様子を見ましょう。それからポジションを取ることでブレイクの読み間違いを防ぐことができます。

ブレイクアウトの大きさは今までのレンジ相場の長さによって決まることが多い傾向にあります。長い間、相場がもみ合ってレンジ相場が続いているとその反動か、かなり大きなブレイクアウトが起こります。その瞬間を取引チャンスとして売買シグナルとして利用してみましょう。

最新人気ランキング

入門ガイド