バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > 高確率(低倍率)の申込みをして少額でコツコツ利益を出す方法

高確率(低倍率)の1000円未満取引でコツコツ稼ぐ戦略

バイナリーオプションを始めたものの、為替レートの予測は非常に難しくて悪戦苦闘しているというトレーダーが非常に多いようです。

また、エントリー後の値動きを見ていると不安になり判定時間を待てずに良くない場所で売却してしまうという話もよく耳にします。

今回は、そんな方々の助けになる可能性を持った手法、「ラストミニッツ戦略」をご紹介します。

権利購入期限のぎりぎりを狙う戦略

バイナリーオプションの判定時間は2時間の業者が多いのですが、なるべく短い時間の方が為替レートを予測し易いと考えられます。

そこで、「ラストミニッツ戦略」と呼ばれるバイナリーオプションならではの短時間のトレード手法が存在します。

ラストミニッツ戦略とは

ラストミニッツ戦略とは、その名の通り購入締切時間ぎりぎりを狙う戦略です。

為替相場は、時間帯や通貨ペアによってある程度の傾向があるので、その傾向に合わせたトレードを短時間に行うことで利益を狙っていきます。

の2パターンがあり、狙う相場環境がそれぞれ異なっています。

両方を使いこなせた方がチャンスは増えますが、片方だけでも十分勝負できます。自分の適性や性格に合った手法でのみ勝負して、無理をしないことが相場で生き残るには重要です。

初心者におすすめしたい理由は?

ラストミニッツ戦略なら、初心者の方でもベテラントレーダーと対等に勝負することが可能です。

ルールがシンプルなので扱いやすく、待ち時間が短いのでメンタルの差があまり出ません。

保有している間の値動きに耐えられずルールを破ってしまう、というような初心者にありがちな失敗を防ぐことが出来ます。

2つの手法

ここで「順張り」と「逆張り」の2つの手法について、それぞれが狙う相場を解説していきます。

手法自体に優劣があるわけではなく、自分に合っている事が何より大切です。まずは特徴をよく理解していきましょう。

順張りを利用したの手法

順張り手法は、購入時間ぎりぎりに動いている方向と同じ方向にエントリーします。

方向感が掴めない時は、ペイアウト率の低い方でエントリーします。

ボラティリティの低い通貨ペアと時間帯を狙って、何事もなく判定時間を迎えることを狙う手法です。

狙いやすい通貨ペアはドル円。
時間帯は日本時間で12時~15時、午前3時~4時が比較的ボラティティが低いと言われています。

逆に、避けた方が良い通貨ペアはポンド円
時間帯は経済指標発表の多い20時~24時あたりは相場が動きやすいので避けた方が無難です。

勝率は高くなる傾向がありますが、ペイアウト率が低く1回の負けで大きく損失が出てしまいます。

たくさん勝ちたいという人に向いていますが、利益額に対して損失額が大きいことに拒否反応を示す人もいます。

逆張りはややリスキー

逆張り手法は、購入時間ぎりぎりに動いている方向と逆の方向にエントリーします。

方向感がつかめない時は、ペイアウト率の高い方でエントリーします。

ボラティリティの高い通貨ペアと時間帯を狙って、相場の急変を狙う手法です。

狙いやすい通貨はポンド円ですが、注目度の高い指標や要人発言があれば、どの通貨ペアでも可能性があります。
時間帯は日本時間で20時~24時、経済指標発表などのイベント時間を狙います。

勝率が低くなるかわりに、1回のリターンが大きくなります。勝率が1割や2割であってもトータルで利益が出る事もあります。

順張り手法では逆に勝率9割でもトータルがマイナスになる可能性もありリスクが高いので、逆張り手法の方が良いと言うトレーダーは多くいます。

>>ペイアウト倍率を詳しく知る

ラストミニッツ戦略を実際にやってみた!

バイナリーオプションのラストミニッツ戦略に興味を持った方のために、使いやすくラストミニッツ戦略もやりやすい業者を紹介します。

それは、GMOクリック証券の外為オプションです。

GMOクリック証券外為オプションは、判定時刻の2分前まで購入が可能で、1枚あたりの必要金額は約50円〜999円です。

少額資金で判定時刻直前まで取引ができるため、ラストミニッツ戦略との相性も良いです。

GMOクリック証券「外為オプション」は判定時間の2分前まで購入可能!

GMOクリック証券の外為オプションでラストミニッツ戦略は、順張り・逆張りどちらも臨機応変に狙いやすいです。

外為オプションは判定時刻の2分前まで購入ができ、少額資金で取引ができます。

購入可能時間の締め切りが近付いてくると、有利なポジションはペイアウト倍率がどんどん下がってきますので、オーソドックスに利益は小さくても勝率を重視した順張りから始めてもいいでしょう。

外為オプションはボラティリティの高いポンド円で取引をし、利益重視の逆張り狙いもおもしろいです。

最大20倍のペイアウト倍率も実現できますので、状況によっては10回のうち1回成功すれば十分利益を出すことができます。

初めのうちは順張りで経験を積み、その後は、利益率の高い逆張りのラストミニッツ戦略がおすすめです。

低リスク&高確率な取引におすすめの3社

ここでは、リスクを抑えて精度の高いラストミニッツ戦略がとれる、おすすめのバイナリーオプション業者について紹介しています。

いずれも、少額資金で取引ができ、初心者でも使いやすいため、初めての場合でもすぐに使い慣れます。

GMOクリック証券『外為オプション』

GMOクリック証券の外為オプションは、下記のメリットがあります。

また、ブラウザ版・スマホ版ともに取引ツールが見やすく直感的な操作が可能で、スーパーボリンジャーや一目均衡表、MACDなどの豊富なテクニカル指標も搭載されています。

そのため、より根拠に基づいた精度の高いラストミニッツ戦略をとることが可能です。

詳細ページを見る公式サイトを見る

FXトレード・フィナンシャル『バイトレ』

FXトレード・フィナンシャルのバイトレも判定時刻の2分前まで購入することが可能です。

バイトレは、取引画面に発表予定の経済イベントやぶんせきチャートが表示されるため、今後の展開が予測しやすいです。

また、ポンド円やポンド米ドルなどの比較的ボラティリティの高い通貨ペアでも取引ができるため、逆張りでラストミニッツ戦略をとることができます。

詳細ページを見る公式サイトを見る

FXプライムbyGMO『選べる外為オプション』

FXプライムbyGMOの選べる外為オプションも、GMOクリック証券の外為オプション同様、GMOグループが提供しているバイナリーオプションです。

判定時刻の2分前まで購入ができます。

初心者でも使いやすい取引ツールなうえに、高機能チャートやぱっと見テクニカルが利用できるため相場予測もしやすく、精度の高い順張り・逆張りが可能です。

詳細ページを見る公式サイトを見る

まとめ

今回は「ラストミニッツ戦略」について書かせて頂きました。最後にポイントをもう一度まとめておきます。

現在為替レートの予測に四苦八苦している方や、判定時間まで不安で待っていられない方は一度ラストミニッツ戦略を試してみてはいかがでしょうか?

最新人気ランキング

入門ガイド