バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > バイナリーオプションはエンベロープを使った逆張り取引が有効!

エンベロープを活用した逆張りで利ざやを取る方法

バイナリーオプションの勝率を高めるのに有効なテクニカル指標がいくつかあります。

中でも定番の1つが「エンベロープ」です。

「エンベロープってどんなテクニカル指標なの?」
「具体的にどういう風に使えば良いの?」

と気になっている人もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、バイナリーオプション取引におけるエンベロープの使い方・活用法などを紹介していきます。

この記事を読めば、バイナリーオプションでエンベロープを使った逆張りエントリーサインが見極められるようになり、勝率アップにつながるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

エンベロープはトレンドの反転ポイントを見極めるのに有効!

エンベロープは移動平均線と上限・下限バンド(エンベロープ)を組み合わせたトレンド系インジケーターです。

エンベロープはトレンド系インジケーター
 
現在の価格が中心となる移動平均線からどれくらい離れているのかを視覚的に確認でき、相場の「買われすぎ・売られすぎ」を即座に判断できます。

相場は一時的に離れても、再び移動平均線に戻る動きを繰り返すのが一般的。

エンベロープを使って価格が離れすぎているポイントをチェックすれば、売買サインを見極められる、という仕組みになります。

つまり、バイナリーオプションの逆張りエントリーで活躍するインジケーターということです。

逆張りとは

逆張りはトレンド方向とは逆方向にエントリーする手法です。

逆張りを大別すると次の2種類が挙げられます。

  1. 上昇トレンド時:Lowエントリー
  2. 下降トレンド時:Highエントリー

トレンドが反転・反発するタイミングを見計らってエントリーする手法になるため、エンベロープなどのインジケーターをうまく活用してエントリーポイントを見極める必要があります。

ボリンジャーバンドとどう違う?

エンベロープとよく似た性質を持つテクニカル指標に「ボリンジャーバンド」が挙げられます。

ボリンジャーバンドもまた、逆張りトレードに有効なテクニカル指標です。

こちらはボリンジャーバンド
 
ボリンジャーバンドは移動平均線を基準にした標準偏差を表示させているため、バンドが狭まる部分・広がる部分が出てきます。

しかしエンベロープはこれがなく、単純に移動平均線を中心とした平均線が引かれているため、よりシンプルにチャート分析を行えると言えるでしょう。

バイナリーオプションでのエンベロープの使い方・活用法

エンベロープの使い方はとてもシンプルです。

上下のラインに接近・到達したタイミングは反転・反発の可能性が高いと判断でき、バイナリーオプションのエントリーサインとして捉えられます。

エンベロープの買いサインと売りサイン
 

上ライン到達時:売りサイン
下ライン到達時:買いサイン

と覚えておきましょう。

エンベロープの設定

エンベロープはデフォルトの数値では使いづらい場合があるので、次のように設定するのがオススメです。

足:5分足
期間:15
偏差:0.05%
ソース:終値

取引する通貨ペアによって偏差(%)を修正するトレーダーも多いようですが、基本は0.05%でOK。

RSIと組み合わせてエントリーポイントの根拠を強化しよう!

エンベロープは単体で使用するよりも、他のテクニカル指標と組み合わせることで、エントリーサインの精度をより高められます。

RSIはエンベロープと同様に「買われすぎ・売られすぎ」を表示するオシレーター系インジケーター。

RSIも表示させてみる
 
バンドからはみ出た部分がエントリーポイントとなります。

エンベロープとRSIを組み合わせたものが次の画像です。

エンベロープとRSIを組み合わせたもの
 
同時に表示させたら、次はそれぞれのインジケーターの売買サインをチェックします。

インジケーターの売買サインをチェック
 
このように、

両方のインジケーターで売買サインが出ている:信頼度が高い売買サイン
どちらかのみのサイン:信頼度が低い売買サイン

と判断できます。

バイナリーオプションの勝率を高めたいなら、エンベロープとRSIの両方から売買サインが出ているタイミングでエントリーするように心がけるようにしましょう。

エンベロープ利用時の注意点

エンベロープを使うときの注意点は、強いトレンドが出ているとき、相場の反転が起こらないケースがあることです。

ズルズルと価格が下がり続けている
 
画像だと下ラインにタッチしているにも関わらず、なかなか反発が起こらず、そのままズルズルと価格が下がり続けているのが分かります。

同様に、上ラインにタッチしている状態のまま上昇が続く現象も起こり得るため、強いトレンドが出ているときのエンベロープには注意してください。

あまりにも極端なトレンドが見て取れる場合は、あえてトレードを避けて様子を見るのも有効な攻略法ですので、覚えておきましょう。

まとめ

今回はバイナリーオプションの逆張りトレードに有効なエンベロープの概要や使い方、相性の良いテクニカル指標などを紹介しました。

最後にもう一度おさらいすると

の3つが今回のポイントになります。

「バイナリーオプションの勝率をアップさせるにはどうすれば良いのだろう?」
「エンベロープの効果的な使い方を知りたい!」

といった人は、ぜひこの記事を参考にして、バイナリーオプション取引にエンベロープを取り入れた逆張りトレードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最新人気ランキング