バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > アメリカの雇用統計後の為替変動で利益を獲る方法

大きく変動する米・雇用統計後で取引をして利益獲得をする手法とは

ドル相場というのは、投資をする人間であれば、気になる指標のひとつです。

そういったドル相場を見極めるための米国の経済指標として、ひとつ大事なのが、雇用統計です。この雇用統計は、とくにドル相場に大きく影響しやすいといわれています。雇用統計は、毎月発表されますが、米国の雇用統計にはさまざまな項目があります。でも、そのすべてを見極める必要はありません。とくに重視したいのは、やはり失業率と非農業部門雇用者数変化の2つだといっていいでしょう。

まず、失業率は数値が低ければ低いほど、ポジティブな動きになります。同様に、非農業部門雇用者数変化は高ければ高いほどポジティブなサインと判断できるでしょう。

そして、逆の場合は経済は後退気味のサインとみなされます。こういった雇用統計に注目すべき理由というのがあります。というのは、アメリカではGDPの約7割を個人消費が占めているのです。これがどういったことかというと、すなわち、雇用が改善されれば、消費が拡大するのですが、その消費のベースとなるのが、個人消費であるということなのです。

米国経済を押し上げる力は、個人消費にかかっているのです。つまり失業率が減少して雇用が拡大すれば、米国経済にとって消費拡大につながるということです。

また、GDP統計は「国の経済規模がどれだけ大きくなったか」を示す経済指標です。この二つの指針をうまく利用できれば、的確にドル相場を見極めていけるGDPの約7割を個人消費が占めてるといえます。

最新人気ランキング

入門ガイド