バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > MACDを見ながら順張りを!バイナリーオプションとMACDが相性がいい理由

バイナリーオプションでの順張りにMACDを使うのがいい理由

MACD(マックディー)は非常に有名なテクニカル分析なので、FX取引を始めたばかりの方でもご存じの方は多いのではないでしょうか。短期の移動平均線(短期EMA)と長期の移動平均線(長期EMA)、2つの平均線を組み合わせることで売買のタイミングを探るテクニカル指標で、オシレーター系と分類される事が多いですが、移動平均線を使うという点で、トレンド系とされることもあります。

MACDとは一体どんなもの?

バイナリーオプションなどの分析で利用するチャートにはいろいろなものがあり、それぞれに特徴があります。順張りで投資したいときに有効なものや、逆張りで力を発揮するものなど様々なのです。逆張りのときに有効なのがRSIやボリンジャーバンドなわけですが、一般的な取引手法である順張りのときに力を発揮する指標をここで紹介します。

それは、オシレーター系チャートとして有名なMACD(マックディ)です。これは一体どんなものなのでしょう。

MACDはMoving Average Convergence/Divergence Trading Methodの略です。移動平均・収束拡散トレード法と日本語では呼ばれます。これは移動平均を発展させ、より精度の高い分析をするために1979年、ジェラルド・アペル氏が開発したテクニカル分析です。

このMACDに用いられる移動平均は「単純移動平均(SMA)」ではなく、「指数平滑移動平均(EMA)]で、以下の計算式で算出されています。

短期EMA-長期EMA

通常の日足分析では短期EMA期間が9、長期EMA期間を26とするのが一般的です。移動平均であるシグナルとともに2本の線で分析することが多く、シグナルの平均期間が9となっています。

ちなみに、MACDとシグナルの位置関係を視覚的にわかりやすくしたMACD2と呼ばれるものも今は登場しています。

トレンドは相場と共に動く2本の線の位置と交わりで読む!

もう少し具体的にMACDを説明します。これはつまり、短期の移動平均線と長期の移動平均線の離れ具合を表す指標と理解してください。

MACDは一般的に2本の折れ線で表示されます。チャート画面では横軸が時間、縦軸は上半分がプラス、下半分がマイナスのゾーンとなります。2本の折れ線のうち、例えば緑の線がMACDライン、青い線がシグナルとします。2本の線は並んで動いているように見えますが、緑のラインが先行し青いラインがそのうしろを追いかけている状態になっています。つまり、MACDをシグナルが追いかけているわけです。

これはRSI同様に、2本の線がプラスゾーンの上の方で動いていれば買われ過ぎ、マイナスゾーンの下で動いていれば売られ過ぎのサインになっています。
このシグナルとMACDのラインがどうクロスするかでゴールデンクロスやデッドクロスと判断され、トレンドの転換がわかってくるのです。これがMACDのチャートの利用方法です。

最新人気ランキング