バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > マーチンゲール法はバイナリーに使えるか、勝てるのかを検証

マーチンゲール法は実戦で使えるのか?

マーチンゲール法という投資方法をご存知でしょうか?
古くからギャンブルや投資の方法として使われてきたマーチンゲール法とバイナリーオプションについて考えてみたいと思います。

マーチンゲール法とは倍々方式の投資方法で、100円投資して外れれば倍の200円、もしまた外れれば倍の400円というように当たるまで倍々ゲームを繰り返していく投資方法です。10回連続して外しても11回目に当たれば、必ずプラスになるという投資方法なのですが、一見必勝法的に感じられますが、バイナリーオプションにおいてはこの方法で勝つことは難しいのです。

まず、負けが続くと相当な資金が必要となります。10回連続で負ける確率は1024分の1なので「10回も連続で負けることはまずない!」と思われるでしょう。
しかし、実際には起こりえることなのです。確率では1024分の1となりますが、実際の取引や勝負では1回ずつのことなので常に2分の1の確率なのです。2分の1の選択を10回連続して外すことは十分あり得ます。

しかも最初に1,000円から取引を始めた場合、10回目には512,000円もの大金が必要となります。この大きな取引に当たったとしても、マーチンゲール法では最初の1回分しか利益は出ませんので、1,000円だけの利益になってしまいます。それでも、最後に勝てば利益が出るので必勝法なのでは?とお考えの方もおられるかもしれません。

しかし、マーチンゲール法で最後に勝ち切れるルールの投資やギャンブルであれば可能ですが、バイナリーオプション取引では投資金額に上限があるので倍々投資で勝ちきることが不可能になります。

さらにペイアウト倍率(払い戻し)が2倍以下の取引がほとんどなので、2倍の投資金額を増やしても損失が出る場合があります。

マーチンゲール法を使ってバイナリーオプション取引で勝つためには、2倍返し、投資金額無制限、資金力無制限と最低でもこれらの要素が必要なのです。これらの要素に制限があるバイナリーオプション取引において、マーチンゲール法で勝つことは非常に難しいということになります。

このマーチンゲール法を必勝法のように紹介しているサイトなどもありますが、有効な投資方法になる場合もありますが必勝法では無いので注意が必要です。バイナリーオプション取引は運任せのギャンブルではないので相場の動きにトレンドがあり予想することができます。

運任せのギャンブルではなく、自分の考えや予想が活かせる事がバイナリーオプションの大きな魅力だといえるでしょう。

マーチンゲール法を利用するよりも、自分自身のルールを作って取引していく方が利益への近道だと思います。シンプルなルールで小額の取引から始められますのでぜひ一度バイナリーオプションをお試しください。

最新人気ランキング