バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > RSIで逆張りを狙え!

逆張り狙いに重宝する指標はRSI

・RSIで売られすぎか買われすぎかを判断
RSIはボリンジャーバンドと並んでオシレーター系の代表的なテクニカル分析です。日本語にすると「相対力指数」と言う意味で、現在の為替レートが「売られすぎか」「買われすぎか」を判断するのによく使われています。

RSIは0%から100%まで幅のあるグラフ表示され、100%に近づけば「買われすぎ」、0%に近づけば「売られすぎ」という見方をします。一般的な基準としては70%程度なら売りのサイン、30%程度なら買いのサインと言われています。

逆張り方向のオプション購入にRSIは使える!

・RSIで逆張りのバイナリーオプション戦略
「売られすぎ」か「買われすぎ」かを判断するオシレーター系テクニカルであるRSIは、逆張りのタイミングを計る事に役立ちます。「売られすぎ」なら買い、「買われすぎ」なら売りの姿勢で取引するタイミングの参考となります。

ただし、問題点もあるので注意が必要。RSIで反転すると予想して、その予想が外れた場合にはズルズルと大きな損失を出してしまう事が起こりがちなのです。

通常のFX取引では損小利大が基本なので、RSI単体では少し不安があるのも事実です。しかしその点、リスクが限定されているバイナリーオプション取引では、そのデメリットが大きく緩和されます。バイナリーオプション取引時は、RSIのように相場の反転のタイミングを予想し、逆張り方向のオプションチケットを購入する戦略が適してるのではないでしょうか。

似たような働きをするテクニカルにストキャスティクスというものもあります。RSIと二つ合わせて使ってみると精度が上がるかも知れません。さらにボリンジャーバンドやMACDなどその他のテクニカルとも相性を見ながら取引してみると勝率がグンと上がるかも知れませんね。

チャートツールを提供しているバイナリーオプション業者を管理者目線で紹介

将来の為替相場の動きを予測するならチャート分析は必要不可欠ですよね。
ここでは優れたチャートツールを提供しているバイナリーオプション業者に絞って紹介します。

  • チャート単体のツールがある。
  • テクニカル指標が数多く搭載されている。
  • マニアックな上級者向けの指標も搭載

という3つの条件を満たしている業者を紹介していくのでご参考下さい。
口座を複数に分けず、一つの口座で取引とチャート分析をしたいという人におすすめです。

軽快な操作性で選ぶなら!! GMOクリック証券『外為オプション』

外為オプション

GMOクリック証券が提供している超絶使いやすいチャートツールが「プラチナチャートプラス」です。

多彩なテクニカル指標、サクサク動く操作性、見やすいデザインが三位一体になった高機能チャートツールです。もちろん口座を持っている人なら無料で使用可能です。

搭載テクニカル指標は38種類、描画オブジェクトも25種類もあり、多種多様な分析手法に柔軟に対応してくれ、誰にでも操作しやすく、尚かつ高度なチャート分析ができるのがポイントです。

詳細ページを見る公式サイトを見る

MT4や未来予測ツールを使いたいなら!! FXトレード・フィナンシャル『バイトレ』

FXトレードフィナンシャルのバイトレ

FXトレード・フィナンシャルは、日本国内で真っ先にサービス提供を始めた、言わばバイナリーオプション業者の先駆者的存在です。

上級者向けにMT4チャート、初心者向けに未来相場予測ツールの「FXTF未来チャート」を使えるのがポイントです。

自分で詳しくチャート分析をしたい時にMT4を使って、時短で売買のタイミングを知りたい時にはFXTF未来チャートを使うなど使い分けができるのがおすすめできる点です。

詳細ページを見る公式サイトを見る

マニアックなテクニカル指標を駆使したいなら!! ヒロセ通商『LION BO』

ヒロセ通商・LIONBO

トレーダーの要望に常に耳を傾け、日々取引ツールを改良してきたヒロセ通商。

そんなヒロセ通商が提供しているチャートツールが「LION FXチャート」です。

トレード上級者から要望の多かったスパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載しているのが特徴です。これらの指標は他社のチャートツールにはあまり搭載されていません。

他の人があまり使っていないテクニカル指標を試してみたいという方にはおすすめです。

詳細ページを見る公式サイトを見る

最新人気ランキング

入門ガイド