バイナリーオプション HOME > バイナリーオプションの戦略 > 月足・週足を使って長期的なトレンドを予測

テクニカル指標の月足・週足を利用してトレンド予想

バイナリーオプションは、ほとんどが短期決戦です。短いものは1分間、長くてもせいぜいその日の午後には結果がわかるものがほとんどです。ですから、月足・週足など、長期チャートに分類されるものは見ても意味がないのでしょうか?

もちろん、長期チャートならではの活用法があり、バイナリーオプションの場合はふつうのFX売買よりは重要度が低いかもしれません。しかし、意味がないかというと決してそんなことはありません。

たとえば、単にトレンドを確認する意味でも、もし日足でわからなければ週足を参考にすべきです。その結果、上昇トレンドだとわかれば、たとえデイトレの一種であるバイナリーオプションでも、「ハイ(HIGH)」を選んだほうが勝つ確率は若干でも高くなるでしょう。逆に下降トレンドだと判断すれば、短期的に高値になったところで「ロー(LOW)」を選べば良いわけです。

特に重要なのはチャート上のポイントです。週足での過去の上値や下値、月足での過去の上値や下値は、テクニカル上の重要なポイントですから、トレンドを重視するなら、このポイントでは従来のトレンド通りの動きになる可能性が高いと考えるべきでしょう。長期チャートに見えるレンジの抵抗線・支持線があるならば、そこで反転する可能が高いと判断できます。ここは「ハイロー」だけでなく、「タッチ」型オプションでも判断しやすいところでしょう。

また、チャート上に値段がついていない空白があるところを「窓」といったりしますが、過去に窓があるところは埋めにくる可能性が高いのです。これは、長期チャートの窓ほど吸引力が強いと考えられますので、そういったところも注目すべきでしょう。

最新人気ランキング