バイナリーオプションの用語集を学ぶ

バイナリーオプション取引はFX取引の中ではまだ新しいタイプの取引方法です。取引方法はシンプルなのですぐに初められますが、より勝率を上げていくためにはある程度の知識が必要です。こちらではFXにおけるバイナリーオプション取引でよく使われる基本的な用語を集めてみました。

オールオアナッシングオプション
バイナリーオプション取引は別名オールオアナッシングオプションとも呼ばれます。読んで字の如く、勝って大きな利益を得るか、負けて全てを失うかの意味を表し、バイナリーオプション取引の特性をよく示した呼び名です。
オプション取引
オプション取引とは将来の一定期日又は期間内に、一定の数量の商品を予め決められた値段で買う、又は売る権利を売買する方式の取引方法です。現在FX会社で提供されているオプション取引は、主としてその中でもエキゾチックポジションに分類されるバイナリーオプションというジャンルのオプション取引です。これに対し、通常の一般的なオプション取引をバニラオプション取引と呼びます。
権利行使価格
バイナリーオプション取引は一定期間後のレートが予め定められたレートより上か下かを予測する取引となります。この予め定められたレートを権利行使価格と呼びます。
コールオプション
レートが上昇すると予想して建てたオプションをコールポジションと呼びます。「High Low」ならば「High」。
タッチ
3種類のバイナリーオプション取引の内の一つです。決められた期間の間に、定められたレートへ一瞬でも届く(タッチ)かどうかを予想する取引です。
バイナリーオプション取引
FXで主として提供されているオプション取引は一般的にバイナリーオプション取引と呼ばれるオプション取引です。通貨レートがある価格に達すると、大きな価値を持ちますが、達しない場合は全く価値を失ってしまう取引です。
プットオプション
レートが下落すると予想して建てたオプションをプットポジションと呼びます。「High Low」ならば「Low」。
プラス マイナス(HIGH LOW/ハイロー)
プラス マイナスは大きく分けて3種類あるバイナリーオプション取引の中でも最も一般的な取引タイプです。ある時点のレートが決められた水準より上か下かを予想するシンプルな取引です。「High Low」、「ラダー」などのサービス名で提供されています。
ペイアウト倍率
ペイアウト倍率はバイナリーオプション取引において、予想が的中した際のバック率を表し、倍率は取引ごとに異なります。実現が困難な条件であればあるほどペイアウト率は高くなります。
レンジ
3種類のバイナリーオプション取引の内の一つです。決められた期間の間、レートが定められた範囲内で推移するか、ブレイクするかを予想する取引です。
ATM(At The Money)
ATM(At The Money)アット・ザ・マネーは取引中のオプションが権利行使価格と同じ状態であることを表す言葉です。
ITM(In The Money)
ITM(In The Money)イン・ザ・マネーは、コールの時には取引中のオプションが権利行使価格より低い状態、プットの時には取引中のオプションが権利行使価格より高い状態、を表す言葉です。一言で言えば勝っている状態です。
OTM(Out of The Money)
Out of The Money:アウト・オブ・ザ・マネーは、コールの時には取引中のオプションが権利行使価格より高い状態、プットの時には取引中のオプションが権利行使価格より低い状態、を表す言葉です。一言で言えば負けている状態です。

最新人気ランキング